藤原竜也、今夜放送『青のSP』第5話は「イジメ問題についても考えていただければ」 | RBB TODAY

藤原竜也、今夜放送『青のSP』第5話は「イジメ問題についても考えていただければ」

エンタメ 映画・ドラマ
『青のスクールポリスー学校内警察・嶋田隆平ー』(C)関西テレビ
  • 『青のスクールポリスー学校内警察・嶋田隆平ー』(C)関西テレビ
  • 『青のスクールポリスー学校内警察・嶋田隆平ー』(C)関西テレビ
  • 『青のスクールポリスー学校内警察・嶋田隆平ー』(C)関西テレビ
  • 『青のスクールポリスー学校内警察・嶋田隆平ー』(C)関西テレビ
  • 『青のスクールポリスー学校内警察・嶋田隆平ー』(C)関西テレビ
  • 『青のスクールポリスー学校内警察・嶋田隆平ー』(C)関西テレビ
  • 『青のスクールポリスー学校内警察・嶋田隆平ー』(C)関西テレビ
  • 『青のスクールポリスー学校内警察・嶋田隆平ー』(C)関西テレビ
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 9日21時から放送の『青のスクールポリスー学校内警察・嶋田隆平ー』(カンテレ・フジテレビ系)第5話について、主演・藤原竜也のコメントが発表されている。


 2日放送の第4話では、校内に盗撮カメラが仕掛けられていたことを発端に、盗撮映像がネット上に流出した事件と、バレー部顧問の澤田(智順)がバレー部員・菊池京介(鈴木悠仁)に対してパワハラ・セクハラを行っていた事件が明らかになった。女子生徒が他の女子生徒を好きになり盗撮カメラを仕掛けてしまった件について、その過ちを嶋田(藤原竜也)は諭すが、そのことをきっかけに部活を休んでしまった生徒に対して「自分のこと特殊な人間だと思っているかもしれないが、お前みたいな奴は世の中にはごまんといる」という言葉をかけるなど、中立な姿勢も見せた。

 今夜放送の第5話は、アクションシーンも見どころの一つだが、「イジメ=犯罪」という部分もポイント。作中では、バスケ部のレギュラー争いを巡り、イジメが発生し、その事件がきっかけとなって、学校外でも暴行事件が起きる。そんな第5話について、藤原は「“イジメる人間は犯罪者”というセリフがあります。どんな言い訳をしようが、この言葉に尽きると思います。アクションシーンもみどころではありますが、物語の中ではイジメ問題についても考えていただければと思いますね」と話している。

 第5話では、イジメ問題に対する嶋田流持論が展開。また、スクールポリスとなった嶋田の目的が明かされる!? 彼はなぜスクールポリスを志願したのか。そして、その目的は!?
《KT》

関連ニュース

page top