安達祐実、子役時代の驚異の記憶力…台本一度読んだらすぐ覚えられた!? | RBB TODAY

安達祐実、子役時代の驚異の記憶力…台本一度読んだらすぐ覚えられた!?

エンタメ その他
安達祐実 (Photo by Visual China Group via Getty Images/Visual China Group via Getty Images)
  • 安達祐実 (Photo by Visual China Group via Getty Images/Visual China Group via Getty Images)
  • 安達祐実【錦怜那】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 安達祐実が、8日放送の『ごごナマ』(NHK総合)に出演。子役時代の驚異の記憶力を明かした。


 2歳で芸能界デビューした安達は今年で芸歴37年。そのキャリアに、船越英一郎や美保純は「ほぼ同期!」とビックリ。そんな彼女の子役時代の代表作といえば『家なき子』(日本テレビ系、1994年)。その頃は中学1年生だったというが、ここで船越が「どうやって学校と勉強と両立していた?」と質問。

 すると安達は「当時はセリフ覚えがめちゃくちゃ早かったので、あまり苦労した覚えがない」と回答。船越が女優・大竹しのぶを例を取り、「パッと見たら写真を撮ったように覚えられた?」と聞くと、安達は「本当にそういう…」と答え、「(台本を)1回読んだら覚えられるぐらいみたいな感じだった」と回顧。

 だが「もう、今は無理ですね。今は何回読んでも覚えられない」と笑った。また当時、“天才子役”と言われていたことについて「今見たら本当に(演技が)下手クソだったと自分でも思う」と返しつつ、当時も「本当は違う(天才ではない)ということがいつバレるんだろうと、ヒヤヒヤしていた」と振り返っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top