森七菜がTAMA映画賞で最優秀新進女優賞受賞、岩井俊二監督も「すごい」と感心 | RBB TODAY

森七菜がTAMA映画賞で最優秀新進女優賞受賞、岩井俊二監督も「すごい」と感心

エンタメ その他
森七菜【写真:竹内みちまろ】
  • 森七菜【写真:竹内みちまろ】
  • 森七菜【写真:竹内みちまろ】
  • 森七菜【写真:竹内みちまろ】
 第12回TAMA映画賞授賞式が29日、都内にて開催され、女優の森七菜が最優秀新進女優賞を受賞した。

 同映画賞では、多摩市及び近郊の市民からなる実行委員会が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を映画ファンの立場から表彰する。

 最優秀作品賞には「海辺の映画館―キネマの玉手箱」(大林宣彦監督)と「ラストレター」(岩井俊二監督)が選ばれた。福山雅治と濱田岳が最優秀男優賞を受賞し、最優秀女優賞は水川あさみと長澤まさみ。宮沢氷魚、北村匠海が最優秀新進男優賞を、松本穂香と森が最優秀新進女優賞を受賞した。 

 授賞式には、森が出演した「ラストレター」の岩井俊二監督も出席。森については「経験豊富なキャストに囲まれてアドリブを入れる余裕があるのがすごい」と驚いたエピソードが紹介されたが、森は、「一番最初に(アドリブを)ちょこっとだけやってみたら、意外と怒られなかったので(笑)」と茶目っ気たっぷりに言葉に。「自分から何か提案できたらいいなと思って(アドリブをやってみました)」と声を弾ませた。

 岩井監督は、森の印象を尋ねられると、「何というのですかね。…子リスのような(笑) かごから出すと、キュッとどこに行くか分からないような感じでした。だから、“カメラのどの辺りに立つのだろう?”みたいなところからスリリングな演技で、すてきでした」と述懐していた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top