小池栄子や佐藤江梨子らが浴衣姿で「イエローキャブオーディション」をアピール | RBB TODAY

小池栄子や佐藤江梨子らが浴衣姿で「イエローキャブオーディション」をアピール

 イエローキャブは9日、Webサイト「ENTRY NOW!」を利用した女性タレントオーディション「イエローキャブオーディション2005」の告知イベントを東京・渋谷で開催した。小池栄子や佐藤江梨子らが浴衣姿で登場。

エンタメ その他
左から、仲村瑠璃亜、佐藤江梨子、小池栄子、根本はるみ
  • 左から、仲村瑠璃亜、佐藤江梨子、小池栄子、根本はるみ
  • 根本はるみ
  • 仲村瑠璃亜
  • 佐藤江梨子
  • 小池栄子
  •  イエローキャブは9日、Webサイト「ENTRY NOW!」を利用した女性タレントオーディション「イエローキャブオーディション2005」の告知イベントを東京・渋谷で開催した。小池栄子や佐藤江梨子らが浴衣姿で登場。
  •  イエローキャブは9日、Webサイト「ENTRY NOW!」を利用した女性タレントオーディション「イエローキャブオーディション2005」の告知イベントを東京・渋谷で開催した。小池栄子や佐藤江梨子らが浴衣姿で登場。
  •  イエローキャブは9日、Webサイト「ENTRY NOW!」を利用した女性タレントオーディション「イエローキャブオーディション2005」の告知イベントを東京・渋谷で開催した。小池栄子や佐藤江梨子らが浴衣姿で登場。
 イエローキャブは9日、Webサイト「ENTRY NOW!」を利用した女性タレントオーディション「イエローキャブオーディション2005」の告知と応募者獲得を目的としたイベントを東京・渋谷で開催した。

 本イベントでは、同社所属のタレントである佐藤江梨子、小池栄子、根本はるみ、仲村瑠璃亜の4名が浴衣姿で登場し、オーディションの説明やトークショーを行った。また、オーディションを告知するノベルティ「うちわ」を一般来場者に配布した。

 ENTRY NOW!は、イエローキャブ、ブロードバンド・ピクチャーズ、サイバーブレッドの3社が運営する、オーディション情報を軸とした芸能界を目指す女性を支援するWebサイト(http://www.entrynow.jp/)。PCや携帯電話からのインターネット経由で、オーディションに参加できるのが特徴だ。将来は、イエローキャブ以外の芸能プロダクションやコンテンツプロバイダーにも利用してもらう計画になっているという。

 イエローキャブ所属タレント4名によるトークショーでは、それぞれの芸能界に入った経緯やデビューエピソードなどを語った。

 根本はるみは、「オーストラリア留学中に突然芸能人になりたいと思い、帰国。吸い寄せられるようにイエローキャブに入り、いきなりデビュー。すごく運が良かった」とデビュー当時を振り返った。さらに、根本は「オーディションには、(私のような)強運な持ち主が現れることを期待しています」とコメントした。

 仲村瑠璃亜が芸能界に入って1番驚いたのは、「私がずっとテレビで見ていた俳優さんや女優さんとお仕事で実際に会ったときに、テレビで見るより断然細く、顔が小さかったところ」だという。

 佐藤江梨子は、「芸能界とは、色々なチャンスがいっぱいあるところ」と紹介。また、芸能界の先輩として、「芸能界は、スターの人だけでなく、マネージャーさんやスタッフ、衣装の方など、たくさんの方々で成り立っています。だから、周りの人を大切にする、そういう後輩に入ってきてほしい」とアドバイスした。

 小池栄子は、ENTRY NOW! イエローキャブオーディションについて、「イエローキャブといえば巨乳を中心に活動していた面もありますが、これからは女優や歌手志望など、さまざまなアーティストを幅広く募集していきます」と説明し、「胸の大きさは気にする必要ありません」と言及。さらに、「うちの事務所をいいように活用し、自分の才能を伸ばしてください」と述べた。

 オーディション告知イベントは、9日の東京・渋谷をスタートに、熊本(10日)、名古屋(17日)、福岡(18日)、高松(23日)、鹿児島(24日)、岐阜(30日)、札幌(31日)、山形(8月6日)の全国9個所で行う。各会場では、根本はるみによるトークショー、フォトセッション、サイン会、オーディション登録のデモなどを予定している。

 オーディションの1次審査は8月10日、2次審査が8月20日、最終審査・発表が8月28日となる。本オーディションの合格者は、ブロードバンド・ピクチャーズの制作するネットシネマの主演女優として起用される予定だ。また、特別賞という形で若干名を選出。

 イエローキャブの先輩から芸能界を目指す女性たちへのメッセージは、以下のとおり。

 佐藤:「やる気のある方、スターに憧れている方、ぜひオーディションに参加してください」

 小池:「私が芸能界に入ったきっかけは、夏休みのひと夏の思い出を作ろうと思ってイエローキャブの門をたたきました。本当に人生はどんなところで、チャンスがあるかわからないので、ぜひとも興味のある方は一緒に頑張りましょう」

 仲村:「私は今、中学生で勉強と仕事の両立がすごく難しいのですが、夢は叶えるためにあると自分に言い聞かせて頑張っているので、みなさん一緒に頑張りましょう」

 根本:「芸能界の仕事をすると、プライベートの時間がなくなってしまうといった不安など、たくさんあるかもしれませんが、私もサーフィンをやりながら、芸能界をすごく楽しんで仕事に取り組んでいきます。だから、ちょっとでも芸能界に入りたいと思っている方や迷っている方はぜひ応募してください。待っています」

 また、プレスによる囲み取材では、「イエローキャブには、貧乳は入れるのか?」という記者からの質問に、小池栄子が「いいえ(胸の大きさには)こだわっていません」、佐藤江梨子が「大切なのは胸の中にあるものです」と返答した。

 確かに、イエローキャブ所属のタレントといえば「巨乳」というイメージが強い。同社のプロフィールによると、バストのサイズは小池栄子が91cm、佐藤江梨子が88cm、根本はるみにいたっては1mオーバーの103cmを誇る。巨乳のイメージ(サイズ)は人それぞれ微妙に違うかもしれないが、ここまで大きければいずれも巨乳と呼べるだろう。だが、仲村瑠璃亜は76cmとなっており、巨乳とは言いがたい。この仲村のように巨乳じゃなくても、イエローキャブに入れるようだ。もっとも仲村は14歳の中学生で、発育途上にある。
《高柳政弘》
page top