『3人のシングルマザー』貫地谷しほりの両親役で寺島進・川上麻衣子が出演 | RBB TODAY

『3人のシングルマザー』貫地谷しほりの両親役で寺島進・川上麻衣子が出演

エンタメ 映画・ドラマ
左から)寺島進、川上麻衣子(C)フジテレビ
  • 左から)寺島進、川上麻衣子(C)フジテレビ
  • MEGUMI(C)フジテレビ
  • 酒向芳(C)フジテレビ
 3人のシングルマザーが、あるきっかけで人生を好転させた実話をオムニバスドラマ形式で描いた特別番組『3人のシングルマザー~すてきな人生逆転物語~』(フジテレビ系)が、10月1日21時から放送。今回、貫地谷しほりが主演を務める『夢をかなえる手帳』に寺島進、川上麻衣子、MEGUMI、酒向芳の出演が決定した。


 貫地谷主演『夢をかなえる手帳』は、貯金数千円から年商1億の大ヒット商品を生み出したシングルマザーの実話。須藤美鈴(貫地谷)は、事務員とヨガインストラクターのダブルワークで、幼い息子との時間すらままならないほど多忙な毎日を送っていた。そんな娘、孫と同居して身近で見守る、父・須藤新一を寺島が、母・須藤直子を川上がそれぞれ演じる。なお、2人は貫地谷と初共演。また、美鈴の人生に奇跡を起こすきっかけを与える良き理解者、小早川富士子をMEGUMI、美鈴を追いつめる仕事場の上司・俵大輔を酒向芳が演じる。

 寺島は今作について「自分自身、二児の父親なのですが、子育て、躾の難しさを感じるときもあります。そんな中、希望の光を射してくれる、温もりある素晴らしい台本に出会えたことに感謝ですね」とコメント。自身演じる役柄については「職人気質、昭和気質。一見、ぶっきらぼうで、天邪鬼のような面も見えますが、本当は娘思いの素敵な父親だと思います。自分も見習うことが多々ありました!」と語った。

 また、川上は「気持ちが前向きになるとても優しい内容だなと感じました。父親と娘の微妙な心のズレも、愛しさから生まれる歯がゆさが素敵です」と作品について語っているほか、「ほぼ実年齢でのおばあちゃん役は初めてです。孫がいるという、なんともくすぐったい感情を初めて味わいました。撮影現場で“おばあちゃん”と呼ばれることも新鮮で楽しかったです。孫は可愛い、というよく聞く感情も知りました」と自身演じる役柄に付いてコメントを寄せている。

 『3人のシングルマザー~すてきな人生逆転物語~』(フジテレビ系)は、10月1日21時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top