福士蒼汰の新境地にファン騒然!「ダークな蒼汰しびれる」…『DIVER-特殊潜入班-』第1話 | RBB TODAY

福士蒼汰の新境地にファン騒然!「ダークな蒼汰しびれる」…『DIVER-特殊潜入班-』第1話

エンタメ その他
ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』写真提供:関西テレビ
  • ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』写真提供:関西テレビ
  • ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』写真提供:関西テレビ
  • ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』写真提供:関西テレビ
  • ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』写真提供:関西テレビ
 福士蒼汰主演の新ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』(フジテレビ系)第1話が22日放送され、ダークヒーローを演じた福士に反響が集まっている。


 原作は「グランドジャンプ」(集英社)で連載されていた大沢俊太郎の人気漫画「DIVER-組対潜入班-」。主人公・黒沢兵悟(福士)はかつては窃盗などの常習犯だったが、その高い能力が認められ、兵庫県警に極秘で結成された「潜入捜査チーム(通称“D班”)」に加わる。

ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』写真提供:関西テレビ


 第1話。覚醒剤密輸の取引現場に警察が踏み込んだ。次々と犯人が捕まる中、男が不敵な笑みを浮かべながら一人ボートに乗り、逃亡に成功する。それが兵悟だった。後日、兵悟は闇金会社の社長・海藤(杉本哲太)に近づくべく、青木と名を変えてあえて借金をし、その代償として詐欺の受け子のバイトを始める。 高齢女性の家にサラリーマン姿で訪問しては金を稼いでいく姿に海藤も「お前、向いてるよ」と舌を巻く。海藤に認められた兵悟はさらに、特殊詐欺グループのトップが経営する一流企業の社員になりすますことに成功。一方で兵悟は手に入れた情報を、警察に報告するのだった。

 ただ初回では兵悟と警察との関係も謎だ。潜入捜査のなかで「あまり時間かけるなよ」「その間に被害者が増える」と杓子定規の指摘をされた兵悟(福士)は「知るかよ。騙されるほうが悪いんだよ」と吐き捨てる。「俺は警察出身じゃないからな。俺たちは特例の潜入捜査官なんだろ。好きなように好きなだけ悪者退治していいって言われたからここにいるんだ」と。兵悟が捜査に加わった背景と、警察への不信感さえも感じさせるシーン。ドラマになかでは、兵悟の幼少時に家庭に起こった事件がプレイバックされるが詳細は不明で、兵悟の闇を印象づける。今後明かされる黒沢の秘密も期待させる。

ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』写真提供:関西テレビ


 警察でありながら悪の組織に潜入するという、ともすれば命を落としかねない特殊操作に挑む兵悟。それまでの爽やかな役柄とは一転、ダークな主人公を演じた福士蒼汰にはネット上では「ダークな蒼汰しびれる」「福士君は悪役似合ってる」と騒然。

 また、未来を嘱望されながらも海上自衛隊を辞め、D班の一員になった佐根村将を演じる野村周平にも「野村周平~絶対鍵握ってるやん~」「野村周平くんがどんな風にからんでくるか楽しみ」と期待が寄せられていた。

 次回は、女子大生の連続自殺の真相を暴くべく、兵悟は大学生に扮してキャンパスを偵察する。『DIVER-特殊潜入班-』第2話は29日夜9時放送。

ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』第2話 写真提供:関西テレビ


ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』第2話 写真提供:関西テレビ
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top