松本穂香、映画『みをつくし料理帖』で角川春樹に演技褒められるも…… | RBB TODAY

松本穂香、映画『みをつくし料理帖』で角川春樹に演技褒められるも……

エンタメ 映画・ドラマ
松本穂香【撮影:こじへい】
  • 松本穂香【撮影:こじへい】
  • 松本穂香【撮影:こじへい】
  • 奈緒【撮影:こじへい】
  • 小関裕太【撮影:こじへい】
  • 松本穂香【撮影:こじへい】
  • 若村麻由美【撮影:こじへい】
  • 奈緒【撮影:こじへい】
  • 石坂浩二【撮影:こじへい】
 女優の松本穂香、奈緒、若村麻由美、俳優の窪塚洋介、小関裕太、石坂浩二、中村獅童、お笑い芸人の藤井隆、角川春樹監督が17日、都内で行われた映画「みをつくし料理帖」の完成披露試写会に登壇した。

 角川春樹が生涯最後のメガホンを取り、作家・高田郁の同名時代小説を映画化した本作。大阪の大洪水で天涯孤独の身となりながらも料理人として強く生きる澪(松本)と、生き別れになった幼なじみ・野江(奈緒)の不滅の絆が描かれている。

 松本、奈緒、窪塚、小関、藤井は、今作が角川監督との初仕事。松本は「撮影前から監督は『女性陣はほめて伸ばす。男性陣には厳しくいく』と宣言されていたので、ほめてくださってもその言葉がよぎる(笑)。本当に思ってくれているのかなと思いました」と振り返った。奈緒は「本当に監督はお優しくて、優しすぎて不安になる時もありました(笑)」と明かした。

 男性陣に意見を求められると、小関は「本当に厳しかったです……(笑)」と本音をポツリ。窪塚は「角川春樹さんといえば、僕にとっては龍とか朱雀とか伝説上のグループに属しているの方」と独特の言い回しで表現。「お会いして角川さんのパワーに触れてやっぱり半端じゃない人だなと日々思いました」と言い、「たとえば、雨予報の日に『神社行って雲切したから今日は降らねぇ』と言っていたら本当に降らなかったりとか。『やっぱり龍なんだな』と伝説を体感させていただいた」と冗談交じりにエピソードを披露した。

 藤井は「僕は割と褒めて伸ばしていただいた。カットがかかった後『いいよ!藤井!』と言ってくださって。『薬師丸』とか苗字を呼び捨てにされている関係性に感動していたので、その中で『藤井』と呼び捨てで呼んでいただけたことがすごくうれしかったです」と回想した。

 出演キャストについて角川監督は「持ってる力以上のものを引き出させてもらったという感じです。現場を楽しいと思ったのは初めてですね」と述べ、「奈緒と穂香は自分の想定を超える演技をしてくれました。窪塚はこんこんと説教してやりました(笑)」と語っていた。

 映画「みをつくし料理帖」は10月16日(金)より全国公開。
《こじへい》

関連ニュース

page top