Number、創刊40年で初めての将棋特集!ラグビー特集超えの20万部 | RBB TODAY

Number、創刊40年で初めての将棋特集!ラグビー特集超えの20万部

エンタメ その他
『Number』(文藝春秋)
  • 『Number』(文藝春秋)
 文藝春秋は、将棋の藤井聡太二冠らを特集した『Number』(1010号)を現在発売中。同誌で将棋が特集されるのは今号が初のこと。


 同誌では、18歳の若さで王位・棋聖の二冠を獲得し、史上最年少記録を次々と塗り替える藤井二冠を総力特集。若き天才の実像に迫る「藤井聡太『天翔ける18歳』」を皮切りに、「中原誠が語る羽生と藤井」や、佐藤天彦九段と中村太地七段によるスぺシャル対談「藤井はピカソか、モーツァルトか」、藤井二冠を輩出した「板谷一門の偶然と必然」など、その軌跡を追っている。

 なお、同誌は発売前に3万部の増刷が決まるなど好調に推移していたが、発売翌日の4日には再増刷(5万部)が決まり、合計20万部に到達。これは、2015年に日本代表が南アフリカを破ったラグビーW杯を特集した臨時増刊「桜の凱歌」(累計18.7万部)や、同じく日本代表が大躍進を遂げた2019年ラグビーW杯特集「突破」(累計17万部)などを大幅に上回る発行部数となる。
《KT》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

page top