書籍別売上で大型書店を超えも!『セブンルール』大阪の老舗「隆祥館書店」店主に迫る | RBB TODAY

書籍別売上で大型書店を超えも!『セブンルール』大阪の老舗「隆祥館書店」店主に迫る

エンタメ その他
(C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
  • (C)関西テレビ
 9月1日放送の『セブンルール』(フジテレビ系)は、書籍別売上で大型書店を超えることもある13坪の小さな「隆祥館書店」の店主・二村知子さんが主人公。


 大阪市内にある創業71年の老舗「隆祥館書店」。同店は、1949年に二村さんの父・善明さんが開業し、5年前に彼女が引き継いだ。二村さんは、千人もの客の好みを熟知し、その人に合う本を提案する「本の目利き」として人気を集めている。20年前と比べ、全国の書店は半数近くまで減少。しかし同店は、書籍別の売上で、ときに大型書店やAmazonを超えることもあるという。

 そんな二村さんは、かつてシンクロナイズドスイミング日本代表として活躍。世界大会で銅メダルを獲得した異色の経歴を持つ。世界的な指導者・井村雅代コーチの下で教えを受けた彼女には、今でも支えとなっている言葉があるというが、その言葉とは?

 『セブンルール』(フジテレビ系)は、9月1日23時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top