新ドラマ『恋する母たち』3人の“母”を魅了する役に阿部サダヲ&小泉孝太郎&磯村勇斗 | RBB TODAY

新ドラマ『恋する母たち』3人の“母”を魅了する役に阿部サダヲ&小泉孝太郎&磯村勇斗

エンタメ 映画・ドラマ
新ドラマ『恋する母たち』3人の“母”を魅了する役に阿部サダヲ&小泉孝太郎&磯村勇斗
  • 新ドラマ『恋する母たち』3人の“母”を魅了する役に阿部サダヲ&小泉孝太郎&磯村勇斗
 10月スタートの新ドラマ『恋する母たち』(TBS系)で、木村佳乃・吉田羊・仲里依紗が演じる3人の母を魅了する3人の男性が決定した。


 同ドラマの原作は、柴門ふみによる同名作品。木村佳乃演じる主人公の石渡杏は、夫と一人息子と何不自由ない生活を送っていたが、ある日突然夫が失踪。息子をシングルマザーとして育て、この春有名進学高校に入学させた。共演には吉田羊と仲里依紗。吉田演じるバリバリのキャリアウーマン・林優子と仲演じるキラキラしたセレブ妻・蒲原まりは、それぞれ杏の息子と同じ名門校に通う息子がいる。

 3人の母を魅了する男性に決まったのは、阿部サダヲ、小泉孝太郎、磯村勇斗の3人。阿部は、チャリティイベントで出会ったまり(仲)に一目惚れし、強引に誘いをかける人気落語家・今昔亭丸太郎役。小泉は、杏(木村)の前に現れる、夫の駆け落ち相手の夫・斉木巧役。磯村は、優子(吉田)と同じ会社で働く優秀なイマドキ部下・赤坂剛役を務める。3人の男性が、傷つき、もがきながら生きる女心をどう解きほぐし、心の隙間に入り込むのかに注目。

 阿部は出演に際して、「人妻に恋をしてしまう100年に1人の天才落語家というハードルの高い役だなぁと思いました。以前TBSドラマ『タイガー&ドラゴン』で落語家をやらせていただきましたけど、その時の『どん太』とは全然違うのでプレッシャーを感じています」とコメントしているほか、小泉は「『恋する母たち』の物語の中で、僕が木村佳乃さんとどういう関係を持ち、どういう男なのか、ソワソワ、ドキドキしながら物語の展開を見ていただけたらなと思います」と呼びかけ。

 磯村は、「最初にお話をいただいた時、遂に大人の世界に一歩足を踏み入れるのか、と思いました。職場の上司に恋をしたら、その人が子を持つ母だった。本来なら決して許されぬ恋だと思いますが、ドラマの中では『赤坂剛』として、純粋に、自分の気持ちに嘘をつかず、好きな想いを真っ直ぐにぶつけていきたいと思います」と意気込んだ。

 新ドラマ『恋する母たち』(TBS系)は、10月スタート。
《KT》

関連ニュース

page top