大坂なおみ、試合を棄権!黒人男性銃撃に抗議 | RBB TODAY

大坂なおみ、試合を棄権!黒人男性銃撃に抗議

エンタメ スポーツ
大坂なおみ(Photo by Al Bello/Getty Images)
  • 大坂なおみ(Photo by Al Bello/Getty Images)
  • 大坂なおみ(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)
 女子テニスの大坂なおみ選手が現地時間26日(日本時間27日)、自身のTwitterを更新。現地時間27日(日本時間28日)に出場予定だったウェスタン&サザン・オープンの準決勝を欠場することを発表した。

 大坂選手は米ウィスコンシン州で黒人男性が警官に銃撃された事件への抗議として準決勝への出場を放棄。Twitterでは「私はアスリートである前に黒人女性です」とつづり、「黒人女性として、テニスを見てもらうより、すぐに気がつかなければならない重要なことがあると感じています」とコメント。さらに、自身がプレーしないことで劇的に変わるとは思っていないとしながらも、「白人主流のスポーツの中で議論を始めるきっかけになれば」とつづった。

 最後は「警察による黒人の大量虐殺が続くのを見ていると、正直胃が痛くなってくる。数日おきに新しいハッシュタグが出てくるのにも疲れましたし、何度も何度も同じ会話をするのにも非常に疲れました」と思いを記した。

 その後、ウェスタン&サザン・オープンは大会公式サイトで「スポーツとしてのテニスは、米国で再び起こった人種間の不平等や社会的不公平に対して、結束して反対する立場を取っている」とし現地時間27日(日本時間28日)の大会を一停止し、現地時間28日(日本時間29日)から再開することを発表した。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top