『劇場版ポケットモンスター ココ』ゲスト声優に上白石萌歌&中村勘九郎 | RBB TODAY

『劇場版ポケットモンスター ココ』ゲスト声優に上白石萌歌&中村勘九郎

エンタメ 映画・ドラマ
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  (C)Pokemon (C)2020 ピカチュウプロジェクト
  • (C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  (C)Pokemon (C)2020 ピカチュウプロジェクト
  • (C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku  (C)Pokemon (C)2020 ピカチュウプロジェクト
 『劇場版ポケットモンスター ココ』のゲスト声優として、上白石萌歌と中村勘九郎の出演が発表された。また、山寺宏一、中川翔子も参加が明かされている。


 1998年の『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』から始まり、今年で23作目を迎えるポケモン映画。ポケモン映画といえば、夏公開というイメージがあるが、今回は初の冬公開。森を舞台に、ポケモンに育てられた少年・ココと、ココを育てた幻のポケモン・ザルードの親子の愛が描かれる。

 このほど、サトシが出会う、ポケモンと人間の親子を演じるゲスト声優が決定。ポケモンに育てられた少年・ココ役に上白石萌歌、そして、そのココを育てた幻のポケモン・ザルード役に中村勘九郎が挑む。さらに、サトシが訪れる森で最先端技術を研究する「ビオトープ・カンパニー」のゼッド博士役に、今年で連続出演23年目を迎える山寺宏一、さらに女性研究員・カレン役に、今年で13作目の出演となる中川翔子の参加が決定した。

 上白石は、「小さいころは“ポケモンかわいいな”っていう視点で見ていたものが、大人になった今、こんなに深いメッセージが込められていたんだと感じるようになりました」とポケモンに対するイメージの変遷ついてコメント。自身の役柄については「今回私が演じるのは“ポケモンに育てられた少年”ですが、血が繋がっていなくても親子だということだったり、人とポケモンとの絆など、色々なつながりがテーマの作品なのかなと思いました。ザルード役の勘九郎さんはザルードにどう息を吹き込むんだろうと楽しみにしています」と語っている。

 一方、中村は「ゲスト声優に抜擢されたときは、アニメの声優をやりたいとずっと思っていたのに加えて、初めて挑戦する声優のお仕事がこんなに長く愛されている『ポケモン』だというのが嬉しかったです。僕も子供が生まれてから、子供を見て学ぶことが本当にたくさんありますが、今回の物語はココを育てながら自分のことも見つけていくザルードの成長物語だと思います。“親子愛”の物語ですが、僕がとても涙もろいので、脚本を読んだ時もずっと泣いていました。歌舞伎俳優は、伝統を代々繋いでいく中で絆が生まれてくるものですが、ザルードも掟を守り続けているポケモンなので、共感できる部分も多くてグッとくるものがありました」と語っている。

 『劇場版ポケットモンスター ココ』は2020年冬に公開。

※お詫びと訂正
記事初出時、タイトルに女優・上白石萌音がゲスト声優として出演と記載しておりましたが、上白石萌歌の誤りでした。記事を訂正し、お詫び申し上げます。
《KT》

関連ニュース

page top