立川志らく、TOKIO・長瀬智也に「落語の格好良さ広めた」と賛辞 | RBB TODAY

立川志らく、TOKIO・長瀬智也に「落語の格好良さ広めた」と賛辞

エンタメ その他
 落語家の立川志らくが26日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。事務所からの独立を発表したTOKIOの長瀬智也について「落語家が格好いいんだというのを世間に広めてくれて、落語に光が当たった」と落語界への貢献に賛辞を贈った。

 所属するジャニーズ事務所を来年3月で退所することを発表した長瀬は、2005年放送のドラマ『タイガー&ドラゴン』(TBS系)では、暴力団員の傍ら落語に入門し、やがて独自の芸風を身につけていく主人公を演じた。

 志らくは「当時落語は冬の時代で、寄席にお客が10人、20人、30人ぐらいしか入らなかったのに、(ドラマの放送後は)若い人が詰めかけて満杯になった」と、同作が落語界に与えた影響を振り返った。ただ、「しばらくは続いたんですけど、若い人たちも落語家は格好いいと思って行ったら、知らないおじさんが出てきて独り言しゃべってるから、やがて客が来なくなった」と語り、ドラマと現実の落語の違いに若者たちが失望したことも指摘した。
《角谷》

関連ニュース

page top