安住紳一郎、映画『あずみ』で上戸彩と共演の過去 堺雅人もびっくり | RBB TODAY

安住紳一郎、映画『あずみ』で上戸彩と共演の過去 堺雅人もびっくり

エンタメ その他
安住紳一郎《写真:椿山》
  • 安住紳一郎《写真:椿山》
 安住紳一郎アナが、17日放送の『ぴったんこカン・カンスペシャル』(TBS系)で、上戸彩との共演過去について言及した。


 この日、日曜劇場『半沢直樹』(同系)の番宣を兼ねて登場した、堺雅人と上戸。ここで、彼女が主演した映画『あずみ2 Death or Love』(2005年)に、安住アナが出演していたことが発覚。これを知らなかった堺は「えっ、そうなの!?」と驚き。

 映画に出ることになった経緯として安住アナは、当時担当していた情報番組で同作の取材に行った際、名字が「安住」であることから、ノリの良い現場スタッフに「ちょっとやってみましょうか」と持ち掛けられたと説明。

 いきなりのオファーにも、「結構できると思っていた」と、当初は演技に自信を覗かせていた安住アナ。ところが、いざセリフを与えられて侍役として撮影すると「テイク12」まで撮り直しすることになったという。

 安住アナはその時のセリフも再現した。「今、九度山に忍びを放ち、動きを探っているところじゃ。うかつに動いてはならぬ!」と力を込めて言うと。堺も「結構な長ゼリフ!」「名字が一緒だからって振られる分量じゃないよ」と、あ然。

 この後、実際に上映されたシーンがオンエアされたたが、「今昌幸のいる九度山に半蔵が忍びを放ち、その動きを探っている」と、先ほど安住アナが言ったセリフとは若干異なり、かつ後半がカットされていることも判明。

 ただし安住アナは「未だに京都にある九度山を地図で見るだけでドキッとします」と話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top