いとうあさこ、「24時間駅伝」を回顧 気絶しながら走っていた!? | RBB TODAY

いとうあさこ、「24時間駅伝」を回顧 気絶しながら走っていた!?

エンタメ その他
いとうあさこ【撮影:non】
  • いとうあさこ【撮影:non】
++【PICK UP】++
●最新注目グラビアをチェックする!
●話題の田中みな実写真集をのぞき見
●真似したい!テレワーク環境事例


 いとうあさこが、9日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)に出演。昨年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)の裏側を明かした。


 同『24時間テレビ』の恒例企画チャリティマラソン。昨年は「24時間駅伝」として、ハリセンボン近藤春菜、ガンバレルーヤよしこ、水卜麻美アナ、そして、いとうがランナーに。最終走者となった彼女は42,195kmを6時間で完走した。これについて有吉弘行は「体力あるね、ほんとに」と驚き。だがいとうは「気力です、気力」と、精神力で乗り切ったと答えた。

 するとここで、櫻井翔が事前に聞いたというウワサについて追及した。「最後のほう、気絶してたってどういうこと?」と半信半疑で斬りこみつつ、「(嵐として)司会をやっていたから(駅伝中継も)見ていたが、気絶するシーンはなかった」と語った。

 これに対しいとうは、「赤信号になると(意識が)持っていかれちゃう」と回答。「『青だ』という“音”が聞こえたら、なにか分からないけど、横断歩道の白だけ踏んでいた」と極限状況にあったと回顧。結果として「最後、あんまり覚えていない」と話した。

 これについて、一昨年の『24時間テレビ』でトライアスロンに挑んだANZEN漫才のみやぞんは、同じ経験をした身として「ずっと走っていると血液が足のほうにいってしまう」と、頭に血液が循環しにくくなると持論。いとうが陥った精神状態について解説すると、彼女も「そういうことなんだ」と納得していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top