本上まなみ、おうち時間は子どもと「ずっと相撲」!? | RBB TODAY

本上まなみ、おうち時間は子どもと「ずっと相撲」!?

エンタメ その他
本上まなみ【写真:竹内みちまろ】
  • 本上まなみ【写真:竹内みちまろ】
  • 本上まなみ【写真:竹内みちまろ】
  • 本上まなみ【写真:竹内みちまろ】
  • 本上まなみ【写真:竹内みちまろ】
 女優の本上まなみが8日、都内にて開催されたエイジングケアブランド「ブライトエイジ」の「500万本突破記念 ブライトエイジPR発表会」に出席した。

 中学2年生と小学2年生の2人の子どもを育てる本上は、おうち時間を、「“これだけ長い間、家族4人で自宅の中で過ごしている”というのは生まれて初めての経験でした。とても新鮮なことでもありました。子どもたちのことをよく見る時間もできましたし、夫婦間もそうでした。自分自身と向き合う時間にもなりました」と振り返った。

 おうち時間での苦労については、「家庭内のこともそうですが、仕事もリモートワークになってしまったので、ラジオの収録であったり、テレビの収録であったりというところは、私も自宅で仕事をしていました。子どもの時間と自分の仕事の時間を振り分けることが、けっこう大変なことが多かったです」とコメント。

 「おうち時間の中でのエクササイズ」が話題にあがると、窓拭きなどの掃除で体力や筋力を使ったことに触れ、さらに、「(小学2年生の子どもが)体力を持て余してしまっていることもあったので、家の中で相撲をしたりなど、そういうところで結構、体を使っていたのかなと思います」と声を弾ませた。

 「コロナ太り」などの言葉も使われているが、「シェイプアップはお掃除の中で?」と尋ねられると、「そういうことですね。あとはやはり、相撲ですね」とにっこり。相撲は本上が相手になったこともあったそうで、「子どもがなかなか弱らないもので、何回も、何回も、『もう一丁! もう一丁!』と。“河童が来たのかな、うちに?”みたいな(笑) “ずっと相撲をとっているぞ”という感じで」などと明かした。

 また、今は夫も家で仕事をしているそうだが、「妻としての生活」に関しては、「子育てはがんばっていますけど、“妻として”はうまくやっているのか分からないです」と謙遜気味にはにかんでいた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top