【一問一答】「イッテQ!」などの降板について……手越祐也記者会見(4) | RBB TODAY

【一問一答】「イッテQ!」などの降板について……手越祐也記者会見(4)

エンタメ その他
 ジャニーズ事務所を退所した元NEWSのメンバー・手越祐也が23日に記者会見を開催。会見では事前に手越がTwitterにて告知していたように、質疑応答の時間も設けられた。

 質疑応答の内容を、要点をまとめながら抜粋してお伝えする。

-手越さんの退所を受け、「イッテQ!」と「サッカーアース」の日本テレビさんの方が、今後レギュラーとしては出演はありません、というコメントを取材に対してされました。退所によって、仕事がなくなったことに対してはどう感じていますか?

 もちろん、“ジャニーズ事務所にいてレギュラー活動をしていながら海外に攻める”ということができたら理想ではあったと思いますが、3月に将来のビジョンが固まった段階で、「イッテQ!」だった、りサッカー番組がなくなることは覚悟しなければいけないとは思っていました。

 「イッテQ!」は本当に僕の人生を変えて下さった番組だと思っています。ずっとお世話になっている共演者の内村さん、宮川大輔さんには番組収録のときに、そういう思いと、そういう意志がある、ということは事前に話させて頂きました。

 サッカー番組のスタッフのみなさんに関しても、ジャニーズ事務所との話し合いの前から、「将来、こういうことがしたいんだよね。あんな夢があるんだよね」とういことは、海外ロケとかに行くたびに話してはいました。もちろん、退所は決めていなかったのですが、どうやったら将来の僕の夢が叶うのかな、ということは相談には乗ってもらっていたので、サッカー番組のプロデューサーの方などとも退所報道が出てからもやりとりはしていますが、「手越はずっと語っていたし、いつかこうなるとは思っていた。この先も番組は一緒にやっていきたかったけど、でも、俺らはどんな形であれ、手越の夢を応援しているから。手越と俺らががんばっていれば、いつかまたどこかで運命が交わって仕事ができるタイミングが来ると思っているから、がんばってきてな」という温かい言葉を掛けて頂きました。

-退所後も、ソロとして番組に出続けることは出来たのではと思うのですが、そうならなかったことに対してはどう感じていますか?

 もちろん、個人になって出演させて頂けるのであれば、喜んで出るし、それこそ、別にノーギャラでも出たいし。それくらい大切です。NEWSも一緒ですが、お金のためにやることは僕は一切ないので。やっていてとにかく楽しいと思っていた番組なので、叶うならば今でもやらせてほしいなと思います。

 ただ、やはり、日本テレビさんももちろんジャニーズ事務所と深い関係だったり色んな関係値が僕以上にきっとあると思っています。そのジャニーズ事務所と日本テレビが話した話し合いの中で、手越祐也が退所につきましていなくなる、という判断をしたとしたならば、そこには僕自身も従わなければいけないし、そういう覚悟で僕は今回の独立を3月から決めていました。もちろん、悔しいし、悲しいし、「イッテQ!」でいつまでも海外ロケに行っていたかったし、クラブワールドカップでいつまでもキャスターをやっていたかったし……という思いはありますが、これからは自分がメディアというものを持てます。違った角度での関わり方というものが僕はできる自信があるので、そういうところで、今までお世話になったスタッフの方には恩返しをしていきたいなと。僕が今まで頂いた思い出だったり、経験は、本当にたくさんあるので、これからも僕の活動で「手越、がんばってるじゃん」と思ってもらえるように、がんばっていきたいなと思っています。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

page top