荒川良々が「呪いの家」に足を踏み入れて......Netflix『呪怨:呪いの家』本編映像初解禁 | RBB TODAY

荒川良々が「呪いの家」に足を踏み入れて......Netflix『呪怨:呪いの家』本編映像初解禁

エンタメ 映画・ドラマ
Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』(全6話)
  • Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』(全6話)
  • Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』(全6話)
  • Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』(全6話)
  • Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』(全6話)
  • Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』(全6話)
 Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』が、7月3日から全世界独占配信される。このほど、同作の本編映像が初解禁された。


 2000年にビデオ版が誕生し、2003年には劇場版が公開されて以来、20年続くシリーズ『呪怨』。2015年公開『呪怨-ザ・ファイナル-』で最終章を迎えたはずだった同シリーズだが、今回Netflixオリジナルシリーズとして登場した。

 公開されたのは、荒川良々演じる心霊研究家・小田島が「呪いの家」に踏み入れるシーン。次々と連鎖していく不穏な事件の数々が、とある一軒の家に端を発していることを突き止めた小田島は、遂に“恐怖の元凶”ともいえるその家に足を踏み入れる。さらに、この家で起きた凄惨な事件の捜査を進める刑事から「部下たちに、この家が夢にでてくるってやつがいるんですよ」と語りかけられる。呪いの家の壁には、べっとりと壁についた生々しい血の跡も......。

 その後も「呪いの家」を静かに見て回る小田島だったが、突如何かが割れる音に驚き、振り向く。果たして小田島が見た光景とは何なのか?小田島と「呪いの家」の関係性とは?あわせて公開された場面写真は「呪いの家」を映し出したもの。薄暗い雰囲気が漂うとともに、何かを見て凍り付く小田島の表情が伺える。Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』は、7月3日から全世界独占配信。

《KT》

関連ニュース

特集

page top