最上もが、西野七瀬とアイドル時代の苦労で意気投合!「キツい」「散々やりました」 | RBB TODAY

最上もが、西野七瀬とアイドル時代の苦労で意気投合!「キツい」「散々やりました」

エンタメ その他
最上もが【錦怜那】
  • 最上もが【錦怜那】
  • 西野七瀬【写真:竹内みちまろ】
 でんぱ組.incの元メンバー・最上もがが、26日放送の『グータンヌーボ2』(カンテレ)に出演。アイドル時代の苦労を、元乃木坂46・西野七瀬と分かち合う一幕があった。


 最上は「アイドルの時は自分で何も選択できなかった」と回顧。現場に行って初めて仕事内容を知ることも多かったという。そして、そんな苦労に「結構疲れてやめてしまった」と話した。

 また、楽しくなっても最終的には「これ本当にキツい」と思ったこともあったそうで、透明なパネルに「キスしてください」という「キス顔」オファーもあったのだとか。これに対して「うわっキツっ!」と思っていたと述べた。

 そんな最上の話に「断れないですもんね」と、うなづいた西野。最上が「苦手だったのが、カメラを彼氏に見立てて(話す仕事)」というと、「散々やりました!」と大いに共感。「マヒしてて慣れてしまっていた」と、しみじみ話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top