みちょぱ、福山議員の尾身氏への態度に「敬意も何も感じない」 | RBB TODAY

みちょぱ、福山議員の尾身氏への態度に「敬意も何も感じない」

エンタメ その他
池田美優【撮影:こじへい】
  • 池田美優【撮影:こじへい】
 17日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、福山哲郎・立憲民主党幹事長の尾身茂・新型コロナウイルス感染症対策専門家会議副座長に対する言動について取り上げられ、モデルの池田美優は「敬意も何も感じない」と福山議員の態度を批判した。

 11日の参院予算委では、福山議員が尾身副座長に、新型コロナウイルスの実際の感染者がどのぐらいいるかただした。尾身副座長は「現時点では明言できない」とした上、さらに説明しようとすると、福山議員が「私の質問に答えてください」「もっと短くして」と口を差し挟み、最後は「私の質問に答えていただけず残念」と語った。番組では、こうした福山議員の言動について、民間の専門家に対する言い方ではないと批判の声が出ていることが紹介された。

 池田は福山議員の態度について「なんか子供みたいというか、なんでわざわざ突っかかっていく必要があるのかっていう。すべてのことに関して気持ちがこもってなくて、何も敬意も感じないし、早くしろと言っているなら、その言葉さえない方がもっとスムーズに進むのに。ちゃんと説明しようとしてくれている人に対してそれはないと思う」と批判した。

 演出家のテリー伊藤は「たぶん福山さんは尾身先生のことを政治家だと思っちゃってるんだね。安倍(首相)一派みたいに思っている」と推測した。

 MCの爆笑問題・太田光は「あのときに尾身さんは、感染者が(公表されている数字の)10倍か20倍か分からないと言った。適当な数字を言えるわけがない。東京都の陽性率はかなり確実になってきていて、その中で7%という数字があるが医療機関の数字で、われわれ専門家は街中では7%より低いと考えていると。つまり感染者がどれぐらいいるかについて丁寧に答えている」とした上、「福山さんはそれを聞き逃している」と指摘。「これはコロナに対して向き合っている態度とは思えない。重要なポイントを聞き逃していることの方が問題」と述べた。
《角谷》

関連ニュース

特集

page top