『古畑任三郎』まさかの再放送に「めちゃくちゃ面白い」とSNS感動!意外な要望も | RBB TODAY

『古畑任三郎』まさかの再放送に「めちゃくちゃ面白い」とSNS感動!意外な要望も

エンタメ その他
 田村正和主演の刑事ドラマシリーズ『古畑任三郎』(フジテレビ系)が16日の夕方に再放送され、大きな話題を呼んでいる。


 同作は1994年から1999年まで3つのシリーズが制作され、いずれも大ヒットした刑事ドラマ。冒頭で犯人を最初から分からせてから謎解きをする「倒叙法」を使い、田村演じる警部補が巧みな話術と推理力で追い詰めていく。脚本は三谷幸喜。

 この日オンエアされたのは、1999年6月15日、22日と前後編に分かれて放送された「最も危険なゲーム」。第3シリーズを締めくくるもので、江口洋介演じるテロ活動を行う動物愛護団体の雇われリーダーが列車ジャックを実行する。

 本放送から20年以上経つ作品だが、ネットユーザーの関心は未だに高いようで早くもトレンド入り。「古畑まじで最高だなぁ、、、、」「古畑任三郎って今みてもやっぱり面白いな」「古畑やっぱめちゃくちゃおもしろいな。 これを機に全部見直したくなる」などと歓喜の声が。

 また「桃井かおり回が好き」「古畑だとさんまさんが犯人の回好きなんですよね」「トリック的に藤原竜也の回がダントツで面白かった」など、個人的に思い入れのある回を語るユーザーも多かった。

 そんな古畑は同1999年の新春スペシャルで、犯罪を犯したSMAPを追い詰めたこともある。このことに関して「古畑さん もう一度 SMAPの事件 解決して下さい。 2016年の案件です」「古畑任三郎が 今のSMAPのことも解決してくれればいいのにねと家族が。ホントだよ!」と、2016年に解散したSMAPの“難事件”について要望を出す者もいた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top