「三島由紀夫VS東大生1000人」伝説の討論に太田光&又吉直樹が切り込み | RBB TODAY

「三島由紀夫VS東大生1000人」伝説の討論に太田光&又吉直樹が切り込み

エンタメ その他
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
 3月13日19時からは、『爆報!THE フライデー』(TBS系)が放送される。


 1969年5月、後に「伝説の討論会」といわれる貴重な討論会が行われた。それはノーベル文学賞候補にノミネートされるなど、当時の日本文学界を代表する作家として活躍していた昭和の文豪・三島由紀夫が、東大全共闘(東大全学共闘会議駒場共闘焚祭委員会)の招きに応じ、東大生1000人と対峙した討論会。この討論会の模様が、昨年、同局のライブラリーで発見。45歳の若さで自決した三島が、その約1年半前に行った「伝説の討論」とは、一体どんなものだったのか?

 当時、世の中に不満を抱き、自分たちの手で日本を新しく変えていこうと国家に反発していた過激な東大生たち。三島は「私は男子ひとたび門をいずれば、七人の敵もありというんで、今日は七人じゃきかないようで、大変な気概をもって参りました」と、1000人の学生を前に堂々と決意表明。そんな三島に対し「物書きなんかが来て、恥ずかしい気がします!」と切り込んでいく東大全共闘の中でNo.1の論客と言われた天才・芥正彦。天才同士の言葉の応酬に注目だ。

 同日放送では、ドキュメンタリー映画『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』の20日公開に先立ち、芸能界屈指の文学好きで三島由紀夫の大ファンだという番組MC・太田光と、同じく文学に造詣が深い又吉直樹が、過去の歴史的大ゲンカ映像「三島由紀夫VS東大生1000人」に切り込んでいく。

 『爆報!THE フライデー』(TBS系)は、3月13日19時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top