近藤春菜、『2分の1の魔法』ローレル役決定に「誰よりも似ていると思っていた」 | RBB TODAY

近藤春菜、『2分の1の魔法』ローレル役決定に「誰よりも似ていると思っていた」

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • (C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • (C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • (C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
 ピクサー最新作『2分の1の魔法』(近日公開)で、ハリセンボンの近藤春菜が、主人公・イアンと兄・バーリーの母・ローレル役の日本版声優を務めることが発表された。


 同作は、“魔法が消えかけた”世界が舞台。志尊淳が声優を務める主人公・イアンは、生まれる前に亡くなったお父さんに「一度だけでいいから会いたい!」と願う自分に自信のない少年で、実は隠れた魔法の才能を持っていた。一方、城田優演じる兄のバーリーは幼い時にお父さんを亡くし「もう一度だけお父さんに会って伝えたいことがある」弟のイアンとは正反対の陽気な性格のキャラクター。二人は「お父さんに会いたい」という願いを叶えるため、父を完全(全部)に蘇らせる魔法を探す旅に出るが......。

 近藤が演じるのは、そんな二人の母・ローレル役。ローレルは、夫を亡くしてから女手ひとつで心から愛する息子たちを育てていた。ローレルは、生前に夫から、イアンが16歳になった時に二人に渡して欲しいと、プレゼントを預かっていた。それは「1日だけ亡き父が復活できる魔法の杖」。生まれる前に亡くなった父に「一目でいいから会いたい」と願うイアンは、魔法で父を蘇らせようとするが、失敗して身体の半分の「足だけ」の姿で蘇らせてしまう。時に勇敢に家族を守るため立ち向かう母・ローレルは、二人の物語に深く関わる重要なキャラクターとなる。

 近藤は今回の決定について「『2分の1の魔法』の予告編を観て、誰よりもローレルに似ていると思っていたので、自分がやりたいという気持ちがありました。決まった時はとても嬉しかったです!」と喜び。志尊が演じるイアン、プライベートでも仲が良い城田が演じるバーリーの母親役を演じることについて「イアンとバーリーはまさに志尊さんと城田さんにぴったりな役柄でした!私も二人が演じる兄弟のお母さん役を演じ、家族の一員になれたことが嬉しかったです。ローレルは、優しくて勇敢ですごく素敵なお母さんで、演じていてあたたかい気持ちになりました」と語った。

 映画『2分の1の魔法』は、近日公開。
《KT》

関連ニュース

page top