加藤小夏、人生初モーションキャプチャー挑戦!VTuberの“踊ってみた”動画&メイキング公開 | RBB TODAY

加藤小夏、人生初モーションキャプチャー挑戦!VTuberの“踊ってみた”動画&メイキング公開

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020「踊ってミタ」製作委員会
  • (C)2020「踊ってミタ」製作委員会
  • (C)2020「踊ってミタ」製作委員会
  • (C)2020「踊ってミタ」製作委員会
  • (C)2020「踊ってミタ」製作委員会
 3月7日公開の映画『踊ってミタ』より、劇中に登場するVTuber「ハイドランちゃん」の“踊ってみた”動画とそのメイキングが解禁された。


 同作は、「踊ってみた」「ボカロ」「Vtuber」など、日本発のインターネットカルチャーを題材にした作品で、「町興し」のため、つながりの薄かった人間たちが「踊ってみた」を通じて触れ合い、一歩を踏み出していくさまが描かれる。主人公の三田を演じるのは、岡山天音。監督・脚本は飯塚俊光が務め、ヒロインは、ドラマ「I″s」(2019)やCM、MVなどで活躍する加藤小夏が担当する。ほか、武田玲奈や中村優一らの出演も決まっている。

 今回解禁されたのは、劇中に登場する VTuber「ハイドランちゃん」が踊る劇中歌「雨のちキス」の踊ってみた映像と、その収録現場のメイキング映像。メイキングでは、ヒロインを演じた加藤小夏がハイドランちゃんのダンスをモーションキャプチャーしている様子が映し出される。モーションキャプチャーの収録は昨年6月、都内スタジオで行われたそう。人生初のモーションキャプチャー収録に挑んだ加藤は「かわいらしく見せる動き、踊り方は想像していた倍、難しかったです」とコメント。

 さらに、「完成したハイドランちゃんを見た時、私の分身を見ているような不思議な感覚になりました。現代だからこそできる『Vtuber』というコンテンツを、古泉ニナとして経験できたことを嬉しく思います。ニナのハイドランちゃんを可愛がってあげてください」と振り返っている。

 映画『踊ってミタ』は、明日3月7日より全国公開。

《KT》

関連ニュース

特集

page top