松岡修造、大坂なおみ選手の弱点を指摘 逆境を抜け出すメンタルがない | RBB TODAY

松岡修造、大坂なおみ選手の弱点を指摘 逆境を抜け出すメンタルがない

エンタメ その他
松岡修造【撮影:小宮山あきの】
  • 松岡修造【撮影:小宮山あきの】
 松岡修造が、22日放送の『サワコの朝』(TBS系)に出演。大坂なおみ選手の弱点を指摘する一幕があった。


 松岡は「テニスの解説者として言いますね」と前置きしたうえで、「彼女のテニスは間違いなく世界一です」と断言。一方で、先月の全豪オープンで3回戦で敗退した彼女に「はっきり言ってゲームを投げたように見えた」と感想を述べた。

 阿川佐和子が、「彼女はこれからメンタルを強くすることはできるのか」と聞くと、松岡は「絶対できます」ときっばり。一方で「(大坂選手には)今、すべてが揃っている」とも言及し、「逆に来たときに、そこを抜け出す本当の力やメンタルというのが今ないんでしょうね」と、逆境を乗り切るメンタル不足を指摘した。

 さらに松岡は彼女の性格について「ナオミ・キャンドル」と表現。「なおみさんが(自分の心に)ロウソクに炎を燃やしてるときは誰にも負けない」としながら、「彼女はちょっとしたことで自分ですぐ消してしまう」とも。そして、「ナオミ・キャンドルをともし続ければ彼女は100%世界一」と、心の強さを求めていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top