かまいたち、ミルクボーイの漫才をパクっていた! | RBB TODAY

かまいたち、ミルクボーイの漫才をパクっていた!

エンタメ その他
かまいたち【写真:竹内みちまろ】
  • かまいたち【写真:竹内みちまろ】
 かまいたちが、20日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。宿敵ミルクボーイを挑発する一幕があった。


 この日は、昨年末の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で優勝し、かまいたちを倒したミルクボーイもゲストで登場。『ダウンタウンDX』をテーマに、代名詞でもある「リターン漫才」を披露した。ちなみにネタの出始めは、「今、18時間用の砂時計をいただきました」という、客席から突拍子もない物をもらうという恒例のツカミだった。

 だがこの後、内海崇が「僕ら(ネタの)ツカミで、物をもらうというのをやってるんですけど、聞いたところによると、かまいたちさんが舞台で丸々パクッてる」と告発。すると、かまいたちの2人も「はい」と悪びれることなく認め、「尋常じゃないウケ方する」とも。

 さらに濱家隆一が「ツカミもそうですけど、最近は単独ライブで漫才も1本作ろうかとなっている」と言うと、作りかけだというリターン漫才をその場で披露し始めた。「今、ねるねるねるねの2番の粉をいただきました」という、ミルクボーイがそのままやっているツカミから始まり、「オカンが忘れてしまった好きなM-1チャンピオンの名前を言い当てる」というネタを展開。

 結局それはミルクボーイのことなのだが、「オカンが言うには、ロケがめちゃくちゃ上手いらしいねん」「……んー、ほんならミルクボーイと違うか」など、ネタの中で軽くけなす場面も。

 そのたびにミルクボーイは立ち上がり、「やめろ!」「なんで言うねん!」などと慌てていたが、ネタを終えた濱家は「すっごい作りやすいね」、山内健司も「作っててすごい楽しい」と、ミルクボーイが発明したシステムを褒めていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top