熊田曜子、驚きの美ボディキープ法を明かす「ジムやエステはまだ1回も行ってない」 | RBB TODAY

熊田曜子、驚きの美ボディキープ法を明かす「ジムやエステはまだ1回も行ってない」

エンタメ グラビア
熊田曜子【撮影:こじへい】
  • 熊田曜子【撮影:こじへい】
  • 熊田曜子【撮影:こじへい】
  • 熊田曜子【撮影:こじへい】
  • 熊田曜子【撮影:こじへい】
  • 熊田曜子【撮影:こじへい】
  • 熊田曜子、驚きの美ボディキープ法を明かす「ジムやエステはまだ1回も行ってない」
  • 熊田曜子、驚きの美ボディキープ法を明かす「ジムやエステはまだ1回も行ってない」
  • 熊田曜子、驚きの美ボディキープ法を明かす「ジムやエステはまだ1回も行ってない」
 グラビアアイドルでタレントの熊田曜子が16日、都内で行われた最新写真集『情愛』(彩文館出版)の発売記念イベント終了後、囲み取材に応じた。

 昨年2月発売の『gm37』(双葉社)以来、1年ぶりの新作となる本写真集。熊田は「SNSやネットの時代に、毎年写真集が出せてすごく光栄です」と笑顔に。この日のイベントを振り返って「今回も長年応援してくださっているファンの方が来てくださって。私が18年グラビアをやらせていただいているので、『小学生の時見ていました』という子が大学生になって、自分で稼いだお金で買ってくれるようになったりもしました。そういうファンの方とは青春を一緒に過ごさせてもらったという感じがするので、握手をして感激しましたね」としみじみ語った。

 『情愛』というタイトルについて熊田は、「“愛”はグラビアに対してと、皆さんへ『ありがとうございます』という感謝の気持ちを込めた愛。あとは、“情”ですが、ファンの方と長年一緒に歩んできたという気持ちがすごく強くて。グラビアって恋愛対象というか、女性として見るだけのものかと思ったら、違う関係性が出てきたんじゃないかと考えました。だから、『情愛』というタイトルがピッタリかなと思いました」と説明した。

 本写真集は、「私生活」と「王道グラビア」という2つのテーマを軸にしている。熊田は「エプロンをつけてご飯を作っていたり、お掃除しているのをこそっと見ちゃったみたいな設定があったり。かと思ったら、ビーチで水着を着ていたりして、振れ幅がすごく広く持たせようと思って作っていたので、その幅を楽しんでいただけたらうれしいです」と見どころを解説した。

 お気に入りのショットにはお湯を張ったバスタブに水着姿で浮かぶアンニュイなカットをチョイス。選んだ理由を熊田は「実はこれ、力を入れてなさそうで、頭と足の二点で体重を支えていたりして、頑張っているんです。グラビアってキツいポーズが美しいとされているのですが、それのお風呂版みたいな感じですね」とはにかんだ。

 写真集の発売は今回で通算38冊目。熊田は「40作品目まではと目標を決めています。お声掛けいただけるなら1年のうちに2冊でも3冊でも出していきたいですね」と意欲を見せ、一方で、「自分の中でグラビアはやり続けたいのですが、やりたくても呼んでいただけないとやれないので、20代後半くらいから『これが最後かもしれない』という気持ちで臨んでいます」とも。

 グラビアで活躍し続けるためには身体づくりが必須となるが、熊田は「ジムやエステはまだ1回も行ってないんですよ」と一言。では、どのように体型をキープしているのかと聞かれると、「子供を抱きながらモノを拾う時は、スクワットと思ってやったりとか。あと、これはYouTubeにこれから上げる予定なのですが、抱っこの仕方もちょっと変えるだけでエクササイズになったりとか。もう本当に細かいことを地味~にやっています」と微笑みながら告白した。

 現在、3姉妹のママとして育児に奮闘する熊田。将来娘から「グラビアをやりたい」と言われたらどうするかと問われると、「絶対うちの主人が許してくれません(笑)」としつつも、熊田個人としては「やりたいことを応援するのみです。それが母親である私の役割だと思っています」と答えていた。
《こじへい》

関連ニュース

page top