手術を頑なに拒否......美保純、不可解な行動取る患者役で『恋つづ』ゲスト出演 | RBB TODAY

手術を頑なに拒否......美保純、不可解な行動取る患者役で『恋つづ』ゲスト出演

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
 2月4日22時から放送のドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)第4話に、美保純が患者役でゲスト出演することが発表された。


 同ドラマの原作は『プチコミック』(小学館)で掲載されていた円城寺マキによる同名漫画。ある日、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会った主人公・佐倉七瀬(上白石萌音)。それから5年、彼を追い看護師となった七瀬は、憧れのドクター・天堂浬(佐藤健)とついに再会するが、天堂は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人だった。

 ゲスト出演の決まった美保が演じるのは、七瀬と天堂が勤める日浦総合病院に心不全で緊急搬送されてくる患者・鶴岡恵子。恵子は早急にオペが必要であるにも関わらず、なぜか頑なに拒否する。七瀬は、そんな恵子と心を通わせ、ある望みを託される。恵子の不可解な行動の裏に隠されたある想いとは?

 美保は「ドラマの打ち合わせの時、とにかくスタッフに女性が多くて、胸キュンでした。しかも、ひとりひとりの顔つきが力強く、頼もしい思いで撮影に突入しました」と撮影について印象を語り、共演する佐藤健については「撮影現場では、佐藤健さんの美しき眼差しが、スタッフとの打ち合わせの輪の中にも向けられていて、作品の表も裏も守ってくれる守護神でしたね」と印象を語っている。

 なお、第4話では七瀬と来生(毎熊克哉)が急接近。まさかの魔王・天堂が嫉妬する!? というドキドキの展開が待っている。『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)は、2月4日22時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top