映画『天気の子』北米公開!『スタート・ウォーズ』最新作おさえ初登場2位に | RBB TODAY

映画『天気の子』北米公開!『スタート・ウォーズ』最新作おさえ初登場2位に

エンタメ 映画・ドラマ
(c)2019「天気の子」製作委員会
  • (c)2019「天気の子」製作委員会
  • (c)2019「天気の子」製作委員会
 昨年7月19日に公開された映画『天気の子』が、北米でも好調なスタートを切っていることが分かった。


 同作は、国内で観客動員1000万人を超え、興行収入は140.5億円を記録。2019年公開の作品では、ナンバーワンの興行収入を記録した。海外では、新海誠監督の前作『君の名は。』の公開規模を上回る140の国と地域で公開。1月15日には北米で1,019の映画館にて公開され、初登場2位を記録。同日時点の1位には、『1917』、3位には『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が付けていたことからも、その注目度の高さがうかがえる。その後も躍進を続け、25日までの10日間で興行収入は7.2億円を記録した。

 今後は、国内で5月27日にBlu-ray&DVDが発売。Blu-ray コレクターズ・エディションには、本編ディスクに加えて、特典ディスクが3枚付録。ビデオコンテは新海誠ディレクションによる描き下ろし3面デジパック仕様となっているほか、封入特典としてブックレット、縮刷版台本、描き下ろし線画クリアシールなどが付く豪華な仕様となっている。ほか、各版スタンダードエディションも用意される。
《KT》

関連ニュース

page top