佐野史郎、『笑ってはいけない』完全版に登場も負傷シーンはカット | RBB TODAY

佐野史郎、『笑ってはいけない』完全版に登場も負傷シーンはカット

エンタメ その他
佐野史郎【撮影:小宮山あきの】
  • 佐野史郎【撮影:小宮山あきの】
 佐野史郎が、4日放送の『ガキの使い!絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!完全版SP』(日本テレビ系)に出演し、笑いの刺客として登場。だが以前から報じられていた負傷した瞬間はカットされていた。


 佐野は2019年11月の同番組収録中、液体窒素を充填(じゅうてん)したペットボトルを破裂させた力で宙に浮くという企画に挑んだ際、第3腰椎を骨折し、全治2カ月と診断。そのシーンのオンエアが注目されていたが、結局、大みそかの本編では全カットとなっていた。

 この『完全版』では未公開シーンを含むダイジェストが放送されたが、そこでは佐野が科学部の顧問として登場。ノーベル賞を狙えると豪語する様々な大実験を、出川哲朗やダチョウ倶楽部・上島竜兵ら部員を被験者にして行った。

 そこでは360度回転するマシーンに載り、高速回転しながらソバを食べるものや、足の指先でヤカンを持ち、カップ麺にお湯を注ぐ実験などが行われた。だが佐野が負傷したと伝えられていたチャレンジ企画の部分はカットされていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top