宮下草薙、初の冠番組放送に「皆さんがいなかったら地獄でした」 | RBB TODAY

宮下草薙、初の冠番組放送に「皆さんがいなかったら地獄でした」

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 12月26日25時55分からは、『宮下草薙のポジティブ学』(フジテレビ系)が放送される。


 同番組は、後ろ向きな妄想コントで人気を集める若手芸人・宮下草薙にとって初となる冠番組。常人には理解しがたい普通だったら途中でやめてしまうことをあえてやり続ける「ポジティブ様」に密着。その極意を教えてもらうため、宮下草薙が実際に「ポジティブ様」に会って彼らの日常を体験する。

 このほど会いに行ったポジティブ様は、“パシられること”を生きがいにする男性と、45年間一度もお宝を見つけたことのない“トレジャーハンター”の男性。VTRでは草薙航基の“ネガティブ”ぶりがさく裂するも、なぜ彼らがこんなにもポジティブになれるのか次第に納得していくドキュメントになっている。

 スタジオには、“特別生徒”として、宮下草薙の事務所の先輩である劇団ひとり、ギャルモデルの“ほのばび”こと浪花ほのか、そしてVTRでも登場する納言のふたりが出演。劇団ひとりは「宮下草薙のバーターで出演する日が来るとは!」と興奮。さらに、ほのばびは草薙を「かわいい!」と連発。まんざらでもない草薙に周りは「付き合える?」と盛り上がる。

 宮下草薙は、初の冠番組について「ぼくらの冠ってついているのですが、皆さんがいなかったら地獄でした。本当に皆さんのおかげだと思います。皆さんに感謝して、有頂天にならず真摯に全力で芸能活動できたらと思います」と謙虚にコメントした。

 『宮下草薙のポジティブ学』(フジテレビ系)は、12月26日25時55分から放送。
《KT》

関連ニュース

page top