鈴木伸之、HIROと半年間音信不通になった理由語る 「二度と遅刻しません」と誓った翌日に遅刻 | RBB TODAY

鈴木伸之、HIROと半年間音信不通になった理由語る 「二度と遅刻しません」と誓った翌日に遅刻

エンタメ その他
(C)Getty Images
  • (C)Getty Images
 劇団EXILE鈴木伸之が、14日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)に出演。EXILEのリーダーでLDH JAPAN会長HIROとの間に起きた事件を明かした。


 鈴木は5~6年前、夜は10時に寝ていたにも関わらず、翌朝どうしても起きれずに遅刻をよくしていたという。電車に乗るも寝過ごしてしまい、ドラマの入り時間にも遅れていたのだとか。

 そんな彼の遅刻癖がHIROの耳に入り、ある時、寿司店に食事に誘われたという。鈴木は「もしかしたら明日から仕事がなくなるかも」と戦々恐々。だがHIROは「遅刻は人の信用をなくすから今後絶対にするな」と厳しく言い渡したものの、その後は「何かあったら相談してくれていいから。仕事頑張れ」と、むしろ励ましてくれたという。

 その有難い言葉に鈴木は「大号泣」したと述べ、「HIROさん、二度と遅刻しません。本当に申し訳ありませんでした」と誠心誠意謝った翌日の仕事にも遅刻したと回顧。

 キャイ~ン・天野ひろゆきが「次の日遅刻したと言ったらHIROさん、さすがに怒ったでしょ?」と聞くと、鈴木は「連絡が半年くらいなくなりました」と、音信不通になったと言及。そこでようやく鈴木も目が覚めたようで、それ以来「遅刻はなくなりました」と語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top