忍野さら、セクシー写真集発売も恥ずかしさなし?「家の中でも裸なので」 | RBB TODAY

忍野さら、セクシー写真集発売も恥ずかしさなし?「家の中でも裸なので」

エンタメ グラビア
忍野さら【撮影:こじへい】
  • 忍野さら【撮影:こじへい】
  • 忍野さら【撮影:こじへい】
  • 忍野さら【撮影:こじへい】
  • 忍野さら【撮影:こじへい】
  • 忍野さら【撮影:こじへい】
  • 忍野さら【撮影:こじへい】
  • 忍野さら【撮影:こじへい】
  • 忍野さら『浪漫』 撮影:橋本雅司 ワニブックス刊
 グラビアアイドルの忍野さらが8日、都内で行われた2nd写真集「浪漫」(ワニブックス)の発売記念握手会に先立ち、囲み取材に応じた。

 DVDや掲載されたグラビア誌が軒並み完売することから「完売クィーン」のニックネームを持つ忍野。今回の写真集では、妄想のように幻想的なシーンと、忍野と一緒に暮らしているかのようなリアルなシーンのコントラスが楽しめる一冊となっている。

 完成した写真集を手に取った感想を求められると忍野は「不思議な一冊になりました」と一言。「妄想と現実を行き来するような新感覚を見ている方に味わっていただきたいです」と、その出来栄えに自信をのぞかせた。また、今回のタイトル「浪漫」に関しては「カメラマンさんに考えていただいた」と言い、「私的には1st写真集が『さらら』だったので、『さららら』が良かったです(笑)」とおどけていた。

 撮影時に大変だったエピソードを聞かれると「撮影の1日目に雨の中で寝転がるみたいなシーンがあったんですけど、雨が目に直撃して目がパンパンに腫れちゃって。その日は眼科に行って終わってしまったっていう」と苦笑い。「スタッフさんにはすごい迷惑をかけたんですけど、撮影に妥協をあまりしたくなくて。結構、なんでも『やります!』って言っちゃいがちなので、こういうこともあるんだなと学習しました」とにこやかに振り返った。

 そんな撮影に妥協を許さない忍野がお気に入りのショットとしてチョイスしたのは、一糸まとわぬ姿でバスタブにうつ伏せになるセクシーなカット。お気に入りに選んだ理由について「(今回の写真集では)露出をすごい頑張っていて。服を着ないで撮影したシーンも何個かあるんですけど、その中でもまっさらな状態で笑顔も自分らしいショットだなと思って選びました」と説明した。

 大胆なショットを撮られることに抵抗はないのかと問われると、「家の中で結構、裸のことも多いので、裸には割と慣れてたかな」と照れ笑い。「撮影はお仕事なので、“お仕事の自分”ということで恥ずかしさはないんですけど、3%くらいのプライベートな自分は恥ずかしがっていましたね」と述懐した。さらに、家の中で裸でいる理由を聞かれると、「鏡を家にいっぱい置いているので、太ったらすぐ気づけるようにと思って」とプロ意識の高さを垣間見せた。
《こじへい》

関連ニュース

page top