テリー伊藤、沢尻被告の更生を危惧「治療している時はいいが……」 | RBB TODAY

テリー伊藤、沢尻被告の更生を危惧「治療している時はいいが……」

エンタメ その他
テリー伊藤【写真:竹内みちまろ】
  • テリー伊藤【写真:竹内みちまろ】
 テリー伊藤が、8日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。沢尻エリカ被告の更生を危惧する一幕があった。


 逮捕から20日。6日、起訴された沢尻被告は保証金500万円を納付し、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。所属事務所のエイベックスは彼女との契約は続行し、「本人の更生をするための支援をする」と発表した。

 テリーは今後の彼女の動きとして、薬物更生施設に入るだろうと述べつつ、「あそこにいる時はまだ無菌ですよ。これから彼女が出て来た時に、今までは憧れの目で見られていた」と言及。「これからは『あの子、10年薬物やってた女ね』という見方で見られる。その時に彼女がプレッシャーに耐えられるかがポイント」と主張。

 またテリーは、覚せい剤所持疑いで再逮捕された田代まさし容疑者のケースを取り上げ、以前取材した際、彼が「周りに応えられないことがもう一度薬をやった一つの要因だった」と話していたと説明。

 沢尻被告に対しても「彼女は仕事をしているときに薬をやってた。治療している時はいいが、また仕事を始めたときに(やりたいメンタルに)入ってしまう」と憂慮。

 またテリーは、所属するエイベックスに対しても「(沢尻被告が薬物に手を染めていること)知っている、知っていないではなくて監視がちゃんとできていなかった」と苦言。「それで今回も受け入れている。これはどうするんだ」と、その対応にも疑問を呈していた。

《杉山実》

関連ニュース

特集

page top