テレ東、"吉田茂"題材のSPドラマ放送!主演・笑福亭鶴瓶は「あまりにそっくりで『えーーー!』」 | RBB TODAY

テレ東、"吉田茂"題材のSPドラマ放送!主演・笑福亭鶴瓶は「あまりにそっくりで『えーーー!』」

エンタメ 映画・ドラマ
(C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京
  • (C)テレビ東京原案:麻生和子『父 吉田茂』(新潮文庫刊)
 テレビ東京は、開局55周年特別企画としてスペシャルドラマ『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~』を2020年に放送すると発表した。


 国内外の情勢が混迷の度合いを増している中、来年は戦後75年という節目の年を迎える。終戦直後、日本はアメリカを中心とした連合国軍に占領されたが、そんな混乱を極めた時代に、「日本は絶対立ち直る」という信念のもと、マッカーサーを筆頭としたアメリカ相手に粘り強く交渉を続け、強力なリーダーシップで日本の独立、復興のために突き進んだのが、同作の主人公であり、稀代の政治家・吉田茂だ。吉田は日本の未来をどう見据え、何を想ったのか?実は、この時の吉田の“決断”こそが、現在へと続く“戦後日本”を形作ったと言っても過言でない。

 主人公で総理大臣・吉田茂を演じるのは、テレ東ドラマ初主演となる笑福亭鶴瓶。さらに、吉田茂の右腕として、日本の独立復興のために奔走、アメリカから“従順ならざる唯一の日本人”と呼ばれた白洲次郎を、生田斗真が演じる。生田はテレ東ドラマ初出演となる。鶴瓶は同ドラマ主演について「『吉田茂をやる』と決まった時から声がガラガラ声になってきました(笑)。カメラマンが見せてきた写真を見て『吉田茂は確かにこんな感じやね』と話してたら、『これ鶴瓶さんですよ』って言われて、自分でも(あまりにそっくりで)『えーーー!』ってなって」と自身と吉田の"ソックリ"ぶりに我ながら衝撃を受けた様子。視聴者に向けては「あんな偉大で日本の土台を作った人ですから、“歴史”というより“事実”として見て頂きたいと思います」と呼びかけた。

 一方、生田は同ドラマ出演について「やっぱり今の日本という国にとって、吉田茂と白洲次郎という人は欠かせない日本のヒーローだと思っているので、そんな大役を務めるっていうのは身が引き締まる思いだなと思って毎日撮影していました」とコメント。視聴者に向けては「世界の情勢とか国内の問題とかある中で、もう一度平和とか、日本という国のことを考える大きなきっかけになると思うし、見て下さった方々に大きなメッセージとして届いてくれたらいいなと思います」とコメントしている。

 日本はいかに敗戦から立ち直り、再び独立国として歩むことが出来たのか?スペシャルドラマ『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~』は、テレビ東京系で2020年放送予定。
《KT》

関連ニュース

page top