山本彩、アメ村三角公演にてフリーライブ「ステージからの景色が想像以上」 | RBB TODAY

山本彩、アメ村三角公演にてフリーライブ「ステージからの景色が想像以上」

エンタメ 音楽
(C)UNIVERAL SIGMA
  • (C)UNIVERAL SIGMA
  • (C)UNIVERAL SIGMA
  • (C)UNIVERAL SIGMA
  • (C)UNIVERAL SIGMA
  • (C)UNIVERAL SIGMA
  • (C)UNIVERAL SIGMA
  • (C)UNIVERAL SIGMA
 山本彩が11月24日、大阪アメリカ村・三角公園にてフリーライブを行った。


 今月20日に 小林武史がプロデュースした3rdシングル「追憶の光」をリリースした山本。今回のフリーライブは同シングルを記念したもので、本番直前に本人のインスタグラムで控室から会場までの移動車の中より生配信が実施。放送中にフリーライブの開催地がアメリカ村・三角公園であることが発表された。

 直前の告知にも関わらず、約3,000人のファンが集結。開演時刻になると、ゆっくりとスクリーンが上がり、ステージ上に山本が登場。フリーライブはスタートした。1曲目には発売したばかりのニューシングル「追憶の光」を披露。2曲目には2ndアルバム『identity』に収録されている「喝采」、最後には12月25日発売のニューアルバム『α』の中から大木伸夫(ACIDMAN)プロデュースの新曲「TRUE BLUE」を披露。集まった観客を盛り上げた。

 当初は4曲が予定されていたが、会場の熱気を受けてフリーライブは3曲で終了。終演後、本人は「最初は集まるのかとても不安でしたが、ビジョンが空いてステージからの景色が想像以上で本当に感謝しています」とコメントした。
《KT》

関連ニュース

page top