清塚信也、母からのスパルタ音楽教育を回顧「死ぬまで寝るな」「音楽以外は雑念」 | RBB TODAY

清塚信也、母からのスパルタ音楽教育を回顧「死ぬまで寝るな」「音楽以外は雑念」

エンタメ その他
 ピアニストの清塚信也が、9日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)に出演。母親から受けたスパルタ音楽教育について明かした。


 清塚によれば、母から「音楽と呼ぶな、勝負と呼べ」と言われて育ったという。それはもちろんコンクールに勝つため。そこで毎日朝5時に叩き起こされ、「人生は最終的にはずっと寝るんだから、今は起きて歯を食いしばって練習しろ」と言われ、ピアノの練習に励んだと語った。

 さらに夜もあまり寝かせてくれなかったそうで、結局1日12時間練習させられたという。また「学校も行かなくてもいいというのが母の教えで、漢字や数学は雑念だからと言っていた」と証言すると、島崎和歌子は「そんな義務教育でしたったけ?」とあ然とし、キャイ~ン天野ひろゆきも「聞いたことない!」と驚き。

 だが清塚は、母から「そんなことを脳に入れる隙間があるなら音符を入れろ」と言われて育ったと話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top