【インタビュー】TT兄弟がブレイクのチョコプラ、2019年は芸人人生で一番忙しい! | RBB TODAY

【インタビュー】TT兄弟がブレイクのチョコプラ、2019年は芸人人生で一番忙しい!

TT兄弟のネタが人気の“チョコプラ”ことお笑いコンビ・チョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)。

エンタメ その他
チョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)【写真:竹内みちまろ】
  • チョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)【写真:竹内みちまろ】
  • チョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)【写真:竹内みちまろ】
  • チョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)【写真:竹内みちまろ】
  • チョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)【写真:竹内みちまろ】
 TT兄弟のネタが人気の“チョコプラ”ことお笑いコンビ・チョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)。

 2019年に大活躍の2人が10月17日に、「迷路」「さがし絵」「クイズ」といった子どもが大好きな要素を盛り込んで、楽しく読みながら、注意力、観察力、推理力を刺激する絵本「TT兄弟のきえたTをさがそう!!」(ワニブックス)を刊行する。

 チョコプラの2人に、同書の魅力をインタビューするとともに、2019年を振り返ってもらった。

――「TT兄弟のきえたTをさがそう!!」の内容から教えてください。

長田:“世の中にある「T」を探して行こう”というコンセプトでやっているTT兄弟の弟「てるお」(松尾)のTシャツに描かれた「T」が消えてしまって、それを探しに行くというストーリーになっていて、迷路や謎解きなど色々と盛り込まれた楽しい絵本になっています。大人から子どもまで楽しんで頂けますので、親子で楽しんで頂けたらと思います。

 また、絵本の中に「T」が溢れていますので、自分なりの「T」を探してもらえるようになっています。「T」だけではない文字も隠されているので、サイドミッション的にサイドストーリーも楽しめるようになっています。

――こだわりや注目ポイントは?

長田:打ち合わせの段階から参加したのですが、TT兄弟のイラストのキャラクター性や可愛さを追求しました。見た目も、「てるお」をぽっちゃりさせ、兄「たけし」の顔を長くしたりなど細かいところまで詰めています。

松尾:フォルムに加えて、絵本の中にある、ストーリーと関係ないところでの表情なども可愛いので、そこも見て頂けたら嬉しいです。

――TT兄弟は大人気ですね。

長田:TT兄弟は始めてからまる1年くらいなのですが、最初テレビで反響がありました。そこから動画をSNSにあげて、流行っていきました。どこかで“ボーン”という感じはなく、“いつの間にやら流行っていた”という感触なのですが、CMに使ってもらえるようになって「ブレイクしているのかな」と感じたことはあります。

――TT兄弟が注目を浴びてから、変化はありましたか?

松尾:街中で声を掛けられるときに、「ティ、ティー」と言われるようになりました。子どもが声を掛けてくれることが増えたのは、TT兄弟のおかげかなと思います。親子連れのお母さんが「ほら、“Tの人”だよ」などと言ってくださることもあります。それまでは「ほら、“IKKOさん”だよ」と言われることはあったのですが、「僕は、IKKOさんじゃないし・・・・・・」というのがありました(笑)

――TT兄弟は、どんな発想からできあがったのですか?

長田:最初にリズムが降りてきたのですね。ちょうど世の中的に、TikTokとか、TWICEのTTダンスなどが流行っていて、“「T」がいけるのでは”と思い、10分くらいで考えました。

――お子様向けに「T」を使ってやってみたいことはありますか。

長田:幼稚園とかを回りたいなと思います。着ぐるみで「Tくん」というTT兄弟のキャラクターを作ってもいいかなと思います。

松尾:これまで幼稚園に行ったことはないので、この絵本を持って、全国の幼稚園を巡業したいです。

――ちょっと早いのですが、2019年を振り返るとどんな1年でしたか?

松尾:今までの芸人人生の中で一番忙しかった1年でした。ほんとに、色んなものが「どんだけ~」といえるほど変わりましたし、やれる仕事が増えたりしました。

長田:ほんとに、“うれT”のひと言です。自分たちが今までやれなかったことがどんどんやれるようになっていって。映画「トイ・ストーリー4」の日本語吹き替え版の声優もやらせて頂いたのですが、ディズニー/ピクサーが好きだったので、めちゃめちゃ嬉しかったです。

――今後、やってみたいことは?

松尾:IKKOさんの「どんだけ~」が2007年に流行語大賞のトップ10に選ばれているのですが、なんとかみなさんの力で、「TT兄弟」を流行語大賞のステージに押し上げて頂けたらと思います。大賞受賞は無理だと思うのですが、ノミネートはしてくれると信じています。

 IKKOさんご自身は、「2007年のときに一度、御神輿を担いで頂いて、今年また、チョコプラさんに御神輿を担いでもらった。人生で御神輿を担いでもらえるのは1回しかないのに、私はチョコプラさんに2回目の御神輿を担いでもらった」と言って下さっていました。僕は「御神輿を担いでもらった」という表現の意味が分からなかったのですが、それでも「担げたのだな」と思いましたので、可能なら、もう1回、「どんだけ~」が流行語大賞に選ばれたらいいなと思っています。IKKOさんへの恩返しにもなると思うので、「TT兄弟」と、「どんだけ~」と、(狂言師・和泉元彌のモノマネネタの)「そろりそろり」の3つで、トリプルノミネートしたいです。

長田:TT兄弟の次のキャラクターも随時出していきたいなと思います。先日、「ピンとこないチンゲール」というキャラクターを出したのですが、そちらも今後、推していきたいなと思っています。“チョコレート・プラネット・ユニバース”、略して“CPU”として広げて行きたいです。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top