森口博子、これまで3回プロポーズされた過去明かす | RBB TODAY

森口博子、これまで3回プロポーズされた過去明かす

森口博子が、13日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に出演。これまで3回あったというプロポーズ経験を明かした。

エンタメ その他
 森口博子が、13日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に出演。これまで3回あったというプロポーズ経験を明かした。

※注目写真集をチェックする

 森口はそのプロポーズについて、1回目が25歳の時、2回目が28歳の時、そして3回目が31歳と、3年置きにあったと述べた。まず1回目の25歳の時は、「なんとなくいいかも」と思っていた男性と何度か食事に出かけていた際、「実は結婚するんです」といきなり相手に言われたという。

 森口はショックを受けながらも気丈に「お祝いに披露宴で歌わせてください」と申し出ると、相手はなぜか「ダメです」。彼女が理由を聞くと、彼から 「その日はあなたが主役だからです」と、衝撃の言葉を告げられたという。その後、結婚を前提に付き合ったものの、結局、森口が仕事を優先したことにより破談になってしまったのだとか。

 2度目のプロポーズは28歳の時。それは交際にも至っていない状態の時の出来事だったというが、ある男性からホームパーティーに招待されたという。しばらくして2人きりになった瞬間、彼から「もう俺にしな。俺にしたら幸せになれるよ」と言われたのだという。ちなみに男性の家族も森口のことを気に入ってくれていたのだが、25歳の時にプロポーズされた彼との交際が続いていたため、こちらも泣く泣く断ったと語った。

 そして3回目のプロポーズがあったのは31歳の時。交際男性から「僕たち相性ぴったりだと思うから、もうこれでいいじゃん」と結婚を迫られたという。だが相手は海外を飛び回るなど、時間の合わない仕事をしていたため、この申し出も断ってしまったと振り返っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top