博多華丸・大吉、「仲良しコンビと言われるのがつらい」過去には解散危機も | RBB TODAY

博多華丸・大吉、「仲良しコンビと言われるのがつらい」過去には解散危機も

博多華丸大吉が、18日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。コンビ仲について言及するとともに、解散危機の過去も振り返った。

エンタメ その他
 博多華丸大吉が、18日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。コンビ仲について言及するとともに、解散危機の過去も振り返った。

※楽天で「ドライブレコーダー」ランキングをチェックする!【PR】

 今回、番組スタッフが彼らの楽屋を訪ねると、2人は微妙な距離感で対面。これに対しスタッフが「仲悪いんですか?」とズバリ指摘すると、華丸は「良くはないかもしれない」と正直に回答。大吉も「皆さんの期待を裏切っている」としながら、「つらいんですよ、仲良しコンビって言われるのが」と本音を吐露。華丸も「仮面夫婦みたいなもんです」とぼやいた。

 そんな彼らに、国分から「解散しようぜ、ぐらいの大喧嘩はあったのか」という質問が飛んだ。すると2人は、2006年に華丸が優勝した『R-1ぐらんぷり』決勝の3日前に起きた出来事を告白。何と華丸が「決勝では児玉清さんをやらない」と言い出したのだとか。

 その理由について本人は、児玉さんのモノマネで、すでに別の番組で2度優勝していると主張。代わりに「博多のおじさんがゴルフコンペ会場に間違えてやってきた、そのときのロビーの1人コント」を提案したという。

 これに対して大吉は「何を言い出してんだ!」と激怒。「これまで全て児玉さんのネタで勝ち進んできたのに、決勝当日だけゴルフバッグをかついできたら放送事故だ」と主張し、児玉さんのネタを懇願したという。結局、仲たがいをしたまま華丸は決勝に臨んだそうだが、結果は優勝。彼は「大吉先生の言うとおりばい」と感謝したと笑っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top