玉城ティナ、現役女子高生の恋の悩みに「いいなあ」とうっとり | RBB TODAY

玉城ティナ、現役女子高生の恋の悩みに「いいなあ」とうっとり

モデルで女優の玉城ティナと俳優の伊藤健太郎が17日、都内にて、映画「惡の華」(9月27日公開)の「お悩み相談教室」イベントに出演した。

エンタメ 映画・ドラマ
玉城ティナ【写真:竹内みちまろ】
  • 玉城ティナ【写真:竹内みちまろ】
  • 伊藤健太郎【写真:竹内みちまろ】
  • 玉城ティナ【写真:竹内みちまろ】
  • 伊藤健太郎、玉城ティナ【写真:竹内みちまろ】
  • 伊藤健太郎、玉城ティナ【写真:竹内みちまろ】
  • 玉城ティナ【写真:竹内みちまろ】
  • 映画「惡の華」の「お悩み相談教室」イベント【写真:竹内みちまろ】
  • 伊藤健太郎、玉城ティナ【写真:竹内みちまろ】
 モデルで女優の玉城ティナと俳優の伊藤健太郎が17日、都内にて、映画「惡の華」(9月27日公開)の「お悩み相談教室」イベントに出演した。

 同作は、鬱屈とした青春と、行き場のない衝動など、思春期の暗黒面を描いた作品。主役の春日高男を伊藤が演じ、春日の中に自分と通ずる何かを見つけ、執拗につきまとう仲村役を玉城が担当。

 イベントはもともと小学校として使われていた建物で開催された。伊藤と玉城が劇中で中学生から高校生までを演じていることにちなんで、教室を利用して行われた会場には、現役高校生たちが集まった。

 伊藤と玉城は、着席した高校生たちの注目を浴びながら教壇に登った。伊藤は、“リアル教室”の雰囲気を目の当たりにし、「こういう感じで僕がこういう場所(教壇)に立つ日が来るとは学生時代は思ってもいなかったので、色々と新鮮な感じです」と心境を言葉に。玉城は、MCから「イベントで教壇に立って高校生たちを前にするって、なかなかない経験ですよね」と声を掛けられると、「(教壇に)立てる人間ではないので(笑)」と緊張する高校生たちを和ませ、「頑張りたいと思います!」と目を輝かせた。

 高校生たちからのお悩み相談の前に自身の高校生だったころの様子が話題にあがると、玉城は、「中学2年生くらいからお仕事を始めさせて頂きました。中学校時代は地元の沖縄にいたのですが、高校から上京して、こっちの学校に通い始めました。まあ、高校デビューした感じですかね。今、考えと、ちょっと見た目がギャルっぽいといいますか、ちゃんと、“若い感じ”を楽しんでいました」と明かした。

 「お悩み相談教室」では、高校生たちから、進路や恋愛、リラックスの方法など様々な質問が飛び交った。仲がいい男の子と身長が同じくらいという女子高校生から、告白をしたいが男の子は自分よりも背が低い女の子が好きなのではと思って告白できないでいるという悩みが明かされ、「どうしたらよいでしょうか?」との相談が出た。伊藤は思わず「いいなあ、なんか」と声に出し、高校生の恋の悩みに羨望のまなざしを向けた。玉城も「いいなあ」とうっとり。玉城は「『いいなあ』になっちゃったけど」と我に返り、「“相手から見てその人がどう魅力的か”だと思うし、悶々としているくらいだったら、『言っちゃった方がいんじゃない』とは思います」とアドバイスを送った。

 また、玉城と伊藤は同作で3回目の共演を果たした。玉城は、「(伊藤が演じる春日を)罵倒したり、馬乗りになったり、キックをしたりしていました。そういうところでも伊藤さんだからやりやすかったところもあるので(笑)」と打ち明け、「ありがとうございます。全力でいかせてもらいました」と振り返っていた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top