秋元康&天童よしみ、AIで蘇った美空ひばりさんに感動 | RBB TODAY

秋元康&天童よしみ、AIで蘇った美空ひばりさんに感動

NHKスペシャル「AIでよみがえる 美空ひばり」(9月29日午後9時から/総合)の番組取材会が3日、都内にて開催され、作詞家の秋元康氏、歌手の天童よしみが出席した。

IT・デジタル ネタ
秋元康、天童よしみ【写真:竹内みちまろ】
  • 秋元康、天童よしみ【写真:竹内みちまろ】
  • 秋元康、天童よしみ【写真:竹内みちまろ】
  • 秋元康【写真:竹内みちまろ】
  • 天童よしみ【写真:竹内みちまろ】
 NHKスペシャル「AIでよみがえる 美空ひばり」(9月29日午後9時から/総合)の番組取材会が3日、都内にて開催され、作詞家の秋元康氏、歌手の天童よしみが出席した。

 同番組では、最新のAI技術によって、今年、没後30年を迎える美空ひばりさんを現代に蘇らせる試みに挑戦。生前最後の曲「川の流れのように」を手掛けた秋元氏と、ひばりさんに憧れ歌い継いでいる天童がプロデュースに協力した“AIひばり”のための新曲「あれから」も披露される。

 秋元氏と天童は収録を終えてから記者会見を行った。収録の感想を尋ねられ、秋元氏は「何よりも、30年経ってもこれだけ『(美空ひばりさんに)会いたい』という方が多くいらっしゃる中で、美空ひばりさんが新曲を携えてまたみなさんの前に現れたということに感動しました。夢とか願いとかが奇跡を起こすものなのだと思います」などと言葉に。

 天童も「本当に先ほどひばりさんが目の前に現れたときは」と語り始め、「目と目が合って、ひばりさんが本当にいらっしゃるのだという、……涙が先に出てきたことは私は初めてです」と感無量の様子。

 NHKやレコード会社に残る膨大な音源や映像をもとに実現された今回の試みを経て、今後、どのようなことが起こると思うかを質問されると、秋元氏は、「“あの人に蘇ってほしい”、“あの人にこういう形で再会したい”という色んな思いがあると思うのですが」としたうえで、「一番難しいのはそれをそのままやってよいものなのか。つまり、故人の意志というものはどこにあるのだろうか……ということを考えてしまうのです」と言葉に。「AIによる復活はすごく多くなると思うのですが、そこには、故人の想いや感情が必要になるのではないかな」などと続けた。

 秋元氏は、「『あれから』という詞を書かせて頂いたのは、“あれから30年経ったけど、私の分まで頑張って”という思いをひばりさんだったら分かってくださるかなと思ったので」と告げ、「初めて、僕が『川の流れのように』を含めたアルバムをプロデュースしたとき、お会いしたときに、『何で20代の若造で駆け出しの作詞家、プロデューサーにやらせようと思ったのか』(と思いました)。それは“あなたが失敗しようが、何をやろうが、美空ひばりは何でもない、何も変わらない。だから思う存分やりなさい”くらいの感じだったのですね。ですから、たぶん、天国のひばりさんも今回のAIプロジェクトを“面白いことをやるのね”という感じで受け止めて下さったのではないかなと勝手に思っているのですが」など、胸の内をコメントした。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top