ディーン・フジオカ、月9ドラマ初主演!岩田剛典と異色コンビに | RBB TODAY

ディーン・フジオカ、月9ドラマ初主演!岩田剛典と異色コンビに

フジテレビは、10月スタートの月9ドラマとして、『シャーロック』を放送すると発表した。

エンタメ 映画・ドラマ
左からディーン・フジオカ、岩田剛典
  • 左からディーン・フジオカ、岩田剛典
  • 左からディーン・フジオカ、岩田剛典
 フジテレビは、10月スタートの月9ドラマとして、『シャーロック』を放送すると発表した。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 同ドラマは、世界一有名なミステリー小説『シャーロック・ホームズ』を原作にしたミステリーエンターテインメント。主人公であり、フリーランスの犯罪コンサルタント・シャーロックを演じるのは、ディーン・フジオカ。シャーロックは、幼い頃から人間が犯罪者へと変貌する心理や、人間の原罪というものに強く魅せられ、学生時代からさまざまな不可解な事件や事象の謎を解いてきた“天才”である一方、一歩間違えば自身も犯罪者になりかねないという“犯罪衝動”を抱えた危険な男でもある。

 月9ドラマ初出演にして初主演を務めるディーンは、「原作のシャーロック・ホームズから受け継ぐべき部分はしっかりと受け継ぎ、このチームでしか作り得ない新しい探偵シャーロックの物語とそのキャラクター像を生み出したいです」と意気込んでいる。

 一方、シャーロックの相棒、ワトソンを演じるのは岩田剛典。都内の病院に勤務する精神科医で、冷静かつスマートな常識人という役どころdだ。端から見ると善良な人物に映るが、実際は傷つきやすいハートの持ち主であり、幼い頃から“良い子”の仮面をかぶり、自信の無さの裏返しから、常に虚栄心と煩悩と葛藤するナイーブな性格の男。後にバディを組むことになるシャーロックとは、ある事件を通じて知り合い、初めこそ「横柄で失礼なヤツだ」とネガティブな印象を持ったが、心の壁をお構いなしに越えてくるその人たらしの態度に次第に心地よさを感じるようになる。岩田は同ドラマ出演について、「“月9”という響きに思わずグッと力が入ってしまいそうですが、お茶の間の皆様に楽しんでいただける作品をお届けすることに集中していきたいです」と意気込んだ。

 2人そろって美しいルックスを持ち合わせながら、性格は一癖も二癖もあるという異色なコンビ。2人のコンビぶりにも注目の新月9ドラマ『シャーロック』は、10月スタート。
《KT》

関連ニュース

page top