映画『AI崩壊』に芦名星、玉城ティナ、高嶋政宏、余貴美子ら出演決定 | RBB TODAY

映画『AI崩壊』に芦名星、玉城ティナ、高嶋政宏、余貴美子ら出演決定

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』などで知られる入江悠監督最新作『AI崩壊』(2020年全国公開)に、芦名星、玉城ティナ、高嶋政宏(※高はハシゴ高)、余貴美子ら追加キャストが発表された。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020「AI 崩壊」製作委員会
  • (C)2020「AI 崩壊」製作委員会
 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』などで知られる入江悠監督最新作『AI崩壊』(2020年全国公開)に、芦名星、玉城ティナ、高嶋政宏(※高はハシゴ高)、余貴美子ら追加キャストが発表された。

※注目のペット関連記事をチェックする

 身の回りにはAI搭載の家電や通信システムが溢れ、AIという文字をメディアで見ない日はないほどA 関連 ニュースが世間を賑わしている昨今。遠くない未来、2030年には一体どんな世界が待っているのか?そして人間とAIはどのような関係性になっているのか?同作では、そんな未来がオリジナルストーリーで描かれる。

 主演を務めるのは、大沢たかお。脇を固める俳優陣として、すでに賀来賢人、岩田剛典、広瀬アリス、三浦友和らの出演が発表されていたが、今回の追加キャストはこれに続くもの。AIが国民の生活を支える存在となった2030年の日本で、AIが暴走。想像を絶する大惨事が発生するが、芦名、玉城、高嶋、余らがどのように関わってくるのかに注目が集まる。

 出演が決まった芦名は、同作について「今後AIに起こりうる可能性を想定しながら、今の生活とAIに期待する部分も含め、映画を観た 後に色々な事を感じてもらえると思います」とコメント。玉城は、「私たちの世代にとっても身近な話題です。色々な正義や、色々な立場の人がいて、良い部分ばかりを見せずに、しっかりと問題提起をしているところを、お客さんがどのように感じて下さるのかも聞いてみたいです」とコメントした。

 高嶋は、「最初台本読んだとき、これはめちゃくちゃ面白いなって。原作はなんだろうと思っていたら オリジナルだっていうんですよ。それで入江監督に『本当に最高ですね』ってお伝えしました!」と作品の内容に自信。余は 「AIに管理されることで、どんどん医療も発展し、色々なことが便利になっていきますが、本当の人間の幸せや 豊かさとは何かを考える面白いきっかけになる作品です」と、近未来を描いた同作への想いを語った。

 映画『AI崩壊』は、2020年全国公開。
《KT》

関連ニュース

page top