前田敦子、ウズベキスタンの絶叫回転遊具で涙!「間違えて4回も乗ってしまって…」 | RBB TODAY

前田敦子、ウズベキスタンの絶叫回転遊具で涙!「間違えて4回も乗ってしまって…」

前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が15日、都内で行われた映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台挨拶に登場した。

エンタメ 映画・ドラマ
前田敦子【撮影:小宮山あきの】
  • 前田敦子【撮影:小宮山あきの】
  • 染谷将太、前田敦子、加瀬亮【撮影:小宮山あきの】
  • アディズ・ラジャボフ、染谷将太、前田敦子、加瀬亮、柄本時生、黒沢清監督【撮影:小宮山あきの】
  • 染谷将太、前田敦子、加瀬亮、柄本時生【撮影:小宮山あきの】
  • 染谷将太、前田敦子【撮影:小宮山あきの】
  • 前田敦子【撮影:小宮山あきの】
  • 染谷将太【撮影:小宮山あきの】
  • 加瀬亮【撮影:小宮山あきの】
 前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が15日、都内で行われた映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台挨拶に登場した。

 “舞台で歌う”という夢への情熱を胸に秘めたテレビリポーターの主人公(前田)が、取材で訪れたウズベキスタンで、様々な出会いによって成長していく姿を描く同作。

 主演の前田は「すごく素敵な初日を迎えられて、嬉しいです」とにっこり挨拶。

 1カ月に渡ってウズベキスタンで撮影した同作では、現地の遊園地にあった今にも壊れそうな危険な「回転式遊具」に前田が撮影のために乗ったという。

 この絶叫マシーンについて、前田は「私は間違えて4回乗ってしまって、大変なことになりました。(共演者の)皆さんは絶対に乗ってくれなかったので、一緒にこの中で共有してくれたのは加瀬さんだけなんですけど…」と恨み節。

 カメラマン役の加瀬は、「テストで前田さんが乗った時に、すごい顔をして降りてきて、涙が止まらない様子だったので、最初は大げさかなって思ったんですけど、乗ったら僕は一回で十分っていう感じでした」と笑顔で話すと、前田は「ひどーい」と絶叫。

 前田から「絶対に乗らなかった」とクレームが入った染谷は、「乗っちゃうと共感しちゃうじゃないですか。かわいそうだなと思ったら(役柄上)ダメなので、乗らない方がいいと思って乗りませんでした」としたり顔。

 柄本も「僕はちゃんと見てました。大変そうだなっていうのは分かったので、それだけ分かればいいなあと思いました」と見守り役に徹していたことを明かして、会場の笑いを誘った。

 また、ウズベキスタンの駐日大使が公開の祝いとして、花束を持って登場。ウズベキスタンの観光大使に就任した前田に対し、「心から感謝を申し上げます。前田さんと一緒に、日本にウズベキスタンの歴史や文化を紹介していきたいです」と語り花束を手渡すと、前田は笑顔を浮かべ「私にとって本当に大切な大切な作品です。皆さん、どうかよろしくお願いします」と作品への思いを言葉にしていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top