ブラックホール撮影・本間教授に質問集中!松本人志も興味津々 | RBB TODAY

ブラックホール撮影・本間教授に質問集中!松本人志も興味津々

ブラックホールを初めて撮影した国立天文台・本間希樹教授が、14日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。謎の天体の実態を語った。

エンタメ その他
松本人志(c)GettyImages
  • 松本人志(c)GettyImages
 ブラックホールを初めて撮影した国立天文台・本間希樹教授が、14日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。謎の天体の実態を語った。


 強い重力で光も飲み込んでしまうため、その撮影は不可能とされてきたブラックホール。2017年、世界6か所にある8つの大型電波望遠鏡を、目的のブラックホールに向けて一斉に観測開始。その結果、真の姿をとらえることに成功したという。

 この快挙を発表した本間教授が登場すると、ヒロミやHKT48指原莉乃は早速、「ブラックホールって何なのか?」「そのまま宇宙が吸い込まれちゃうことはあるの?」などと質問攻め。

 さらに東野幸治が「広大な宇宙の中にはブラックホールはいくつぐらいある?
」と質問。これに対する教授の「たくさんある」という回答に指原も「えっ1個じゃないんですか?」と驚き。さらに教授は、いつか人類がブラックホールに吸い込まれてしまうこともゼロではないと述べていた。

 松本は、「核など地球で処理できないゴミをブラックホールに捨てるのは近い将来可能になる?」と聞くと、教授は「(ブラックホールが)近くにあれば可能」としながら、「ブラックホールにモノを捨てると、同時にエネルギーが取り出せる」と言及。「発電ができるので、エネルギー問題と環境問題が一平に解決できる」と言うと、メンバーは興味津々に聞いていた。

 なお同日14日の『情熱大陸』(TBS系)では、本間教授の撮影プロジェクトに賭けた2年間がオンエアされるという。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top