橋本良亮(A.B.C-Z)が映画『決算!忠臣蔵』で時代劇初挑戦 | RBB TODAY

橋本良亮(A.B.C-Z)が映画『決算!忠臣蔵』で時代劇初挑戦

2019年冬公開が決まっている映画『決算!忠臣蔵』に、橋本良亮(A.B.C-Z)の出演が決まった。橋本は今作が時代劇初挑戦となる。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会
  • (C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会
  • (C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会
 2019年冬公開が決まっている映画『決算!忠臣蔵』に、橋本良亮(A.B.C-Z)の出演が決まった。橋本は今作が時代劇初挑戦となる。


 同作では、大石内蔵助を堤真一、内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助を、時代劇初挑戦の岡村隆史がと務める。主君・浅野内匠頭の仇を討つため、その妻・瑤泉院から預かった上限予算9500万以内でなんとか討入りするべく、爪に火を灯す勢いで、日々の生活費や江戸までの旅費、武具までにも「これなんぼ?」と問い詰める口癖の内蔵助を筆頭に、本編は全編が関西弁。赤穂藩は現在の兵庫県に位置しているので当然ではあるのだが、予算と関西弁を切り口にした忠臣蔵は史上初だ。

 そんな同作で橋本が演じるのは赤穂浪士・武林唯七。史実では仇敵・吉良上野介に一番太刀を付けた人物としてもその名を知られている。早くから討入りを主張する浪士きっての過激派で、不義・不正を憎む剛直な性格ながら、大事なところでどこかズレた、おっちょこちょいな部分も持つ、人間味の溢れる人物だ。討入りをめぐって右往左往する内蔵助に決断を迫る急進派の一人として、物語の重要な役割を担っていく。

 撮影前から、「A.B.C-Zのセンターとしていいところを見せたいです」と意気込んでいた橋本は、初日から堂々たる演技を披露。あるシーンでは納得がいかず20テイク以上重ねる場面もあったという。クランクアップ時には「やっとわかってきたところです。あっという間の1ヶ月半でした。まだまだ出来ます!」と、謙虚に答えつつ、物足りなさを感じるほど撮影に没頭していた様子を伺わせ、「また時代劇をやりたいです」と、今回の時代劇初挑戦に手ごたえを感じた様子だった。

 映画『決算!忠臣蔵』は、2019年冬公開。
《KT》

関連ニュース

page top