伊豆大島出身の新人タレント・小池夏海、初めての都会生活にびっくり「コンビニも電車も新鮮です」 | RBB TODAY

伊豆大島出身の新人タレント・小池夏海、初めての都会生活にびっくり「コンビニも電車も新鮮です」

エンタメ その他
小池夏海【撮影:こじへい】
  • 小池夏海【撮影:こじへい】
  • 小池夏海、橘みづほ【撮影:こじへい】
  • 小池夏海【撮影:こじへい】
  • 小池夏海、橘みづほ【撮影:こじへい】
  • 小池夏海【撮影:こじへい】
  • 小池夏海【撮影:こじへい】
 オスカープロモーションに所属する18歳の新人タレント・小池夏海が29日、4代目・東海汽船マスコットガールの就任式に登場した。

 東京諸島や船旅の魅力をPRする目的で選出される東海汽船マスコットガール。その4代目に起用された小池は、伊豆大島で生まれ育った生粋の「島ガール」。今回、3代目マスコットガールを4年間にわたり務め上げたタレント・橘みづほの卒業に伴い、後を継ぐ形で就任することになった。

 就任式でマイクを向けられた小池は「歴代のマスコットガールの皆さんをよく小さい頃から見ていました。先輩方をよく見習って、東京諸島と本土を繋ぐ役割を担えるよう頑張っていきます。島という素敵な環境で育てていただいた恩返しをしていきたいと思います」と、意気込みを語った。

 ちなみに小池は、今年3月に大島島内の高校を卒業後、わずか3日前に上京してきたばかり。就任式後、記者から東京本土の印象を聞かれると「人の多さにびっくりしました」と告白。続けて「コンビニとか電車とか、伊豆大島にはどちらもないので、自分にとってはすごく新鮮に感じました。あと、電車の遅延とかもびっくりしました(笑)」と、島育ちならではの初々しい感想を述べた。

 また、東京でやってみたいことはあるかという質問が飛ぶと、「ショッピングに行ってみたいです。お洋服とか好きなので」とあどけない表情でニッコリ。そして、芸能界で今後チャレンジしたいことについては「女優さんとかタレントさんとか色々やってみたい」と明かし「一つに絞るのではなくて様々なことに取り組んで、自分に合うことを見つけていきたいです」と目を輝かせた。
《こじへい》

関連ニュース

page top