最新生酒から江戸時代の復刻レシピ酒まで!? 小西酒造の日本酒飲み比べ! | RBB TODAY

最新生酒から江戸時代の復刻レシピ酒まで!? 小西酒造の日本酒飲み比べ!

読者の皆さん! 2月~3月は、冬から春へと“季節の変わり目”の時期なので、くれぐれも風邪などひかぬよう、体調管理には十~分、お気を付けください!

ライフ グルメ
KONISHI 純米酒こくあがり
  • KONISHI 純米酒こくあがり
  • 超特撰白雪江戸元禄の酒(復刻酒)熟成古酒
  • 白雪純米にごり酒
  • 白雪 de Ai
  • KONISHI 蒼瑠璃PALE 純米大吟醸
  • 白雪 純米酒 生酒 氷温熟成
  • “氷温熟成”3種類
  • 一つずつ丁寧に注いでくれた
 読者の皆さん! 2月~3月は、冬から春へと“季節の変わり目”の時期なので、くれぐれも風邪などひかぬよう、体調管理には十~分、お気を付けください!

 …と言いながら、2月末日から体調を崩して、37~38度の熱が出てダウンしていました。。。この時期は個人的な“鬼門”ですね。もう3年連続(しかも去年はインフルエンザ)で体調悪くて寝込んでおります…。

■日本酒飲み比べ!?

 さて、そんな体調を崩す直前の2月下旬、都内某所で『「小西酒造」2019年度 戦略発表会&試飲会』が行われたので、まだそこそこ元気だった私は「わーい! お酒、お酒~!」と、喜んで参加してきました。

 会場では、まずはじめに、小西酒造 代表取締役社長 小西新太郎氏が登壇し、同社の歩みや、日本酒の国内外の状況と海外市場の変化について、そして同社の今後の戦略についてを語りました。

 小西氏のプレゼンテーションの途中では、「SAKE selection 2018」熟成古酒部門でプラチナを受賞した「超特撰白雪江戸元禄の酒(復刻酒)熟成古酒」を試飲できました。

超特撰白雪江戸元禄の酒(復刻酒)熟成古酒

 その名前通り、江戸時代(1702年)の、古文書に書かれたレシピを復刻して、9年間熟したという熟成古酒! 見てください、この透き通る琥珀色! 味は日本酒のキリッとしてシュッとしたイメージとは一味も二味も違う、ドゥルンとした濃厚な味わい! 日本酒とは思えないほど甘いですね! 貴重なモノを飲ませていただきました。。。

■全12種類を試飲! 筆者が選んだオススメ5種類はこれだ!

 試飲コーナーには、全13種類のお酒が並び、そのうち12種類を試飲できました。

 「試飲できるのならば、当然全種飲んでみたくなるのが世の常よ…それに、こんなにいろいろな種類のお酒を用意してくれたのだし、ひと通り飲まないと小西酒造さんに失礼」と、ここぞとばかりにミョーな貧乏性を発揮してしまう、酒好きの筆者。

 全種類飲んでみましたが、その感想を全種類書くとあまりにも長くなってしまうので、私のオススメを5種類選んで、ご紹介いたします!

 オススメその1…「KONISHI 純米酒こくあがり」

KONISHI 純米酒こくあがり

 「クラシック麹」という麹を使っていますが、解説担当のスタッフさんによると、この麹は、1970年の大阪万博で各社がタイムカプセルを埋めた時に、小西酒造のカプセルに入れられ、2000年に開けた時生きていた麹を培養したものだそうです! 30年の時を超え生き続ける麹…ロマンがありますね~!
味はすっきり系ですが、けっこうコクがありますね!

 オススメその2…「白雪純米にごり酒」

白雪純米にごり酒

 にごり酒ってもっとドロッとザラッとした感じだと思っていましたが、これは意外とスルスル飲みやすい!
 ちなみに、にごり酒は冬に飲まれることが多いらしいですが、これは季節を問わず飲める味わいに作られているとのことです。

 オススメその3…「白雪 de Ai」

白雪 de Ai

 日本ではなく、海外で展開している商品とのことですが、個人的にはこれが一番好みの味でした!
 香りもフルーティーで、お酒の色もホップのピンクでオシャレ!
 見た目も味わいも日本酒“らしくない”ですが、純米吟醸酒なんだそうです!

 オススメその4…「KONISHI 蒼瑠璃PALE 純米大吟醸」

KONISHI 蒼瑠璃PALE 純米大吟醸

 これはちょっと不思議な香りですね! 純米大吟醸のお酒だけど、ワイン酵母を使用しているそうです。
 でも味はワインっぽくはない、けっこうキレのあるシュッとした味わいでした。

 オススメその5…「白雪 純米酒 生酒 氷温熟成」

白雪 純米酒 生酒 氷温熟成

 こちらはなんと、5月発売の新商品! 発売前のお酒が飲めたりするのも試飲会の楽しみだったりします。そして、そんなお酒を飲んでいる時が、「この仕事やっててよかったー!」と思う瞬間のひとつでもあります(笑)
 香りはけっこうフルーティーですが、味わいはキュッとしています!

“氷温熟成”3種類

 ちなみにこの“氷温熟成”3種類は、火入れを全くしていない「生酒」で、蔵などでしか飲めなかったものを、クール配送で商品化した物だそうです! 3種類ともキュッとシャープな味わいが楽しめました。

■その他、会場には…

 会場には日本酒とのフードペアリングが楽しめるコーナーも用意されていました。

カーボロネロ(黒キャベツ)とアンチョビのケークサレ/ブルーベーコンパイ スパイスの香り

 様々なメニューが用意されており、どれも非常に美味しかったのですが、個人的に「これだ!」と思ったのは、「チョコレートブラウニー 江戸元禄の酒レーズン」でしたね!

奈良漬けとビーツのクリームチーズカナッペ/チョコレートブラウニー 江戸元禄の酒レーズン

 「超特撰白雪江戸元禄の酒(復刻酒)原酒」を使ったレーズンが入っているブラウニーで、「こんな使い方もあるのか~!」と少しビックリでした。

 そして、料理や試飲会以外の驚きは…

近藤勇からの手紙

 会場に飾られていた、新選組局長・近藤勇からの手紙! 小西酒造が新選組にお金を寄付した時に貰ったお礼の手紙だそうです! 新選組とも縁があったなんてすごいなぁ。私は昔、一時期新選組にハマっていた時期があったので、貴重な物を見ることができて、取材とは関係ないところで感激してしまいました(笑)
 私はトシさん(土方歳三)推しでしたが。。。
《浦和武蔵》

関連ニュース

特集

page top