斎藤工、ハロプロライブの警備リーダーだった! | RBB TODAY

斎藤工、ハロプロライブの警備リーダーだった!

斎藤工が、4日放送の『成功の遺伝史3時間SP』(日本テレビ系)に出演。下積み時代のアルバイト経験を語る一幕があった。

エンタメ その他
斎藤工【撮影:小宮山あきの】
  • 斎藤工【撮影:小宮山あきの】
 斎藤工が、4日放送の『成功の遺伝史3時間SP』(日本テレビ系)に出演。下積み時代のアルバイト経験を語る一幕があった。


 彼にまつわる伝説として紹介されたのが、「ハロプロのコンサートで警備員をしていた」というもの。斎藤がそれをしていたのは20代前半の頃で、「役者もやってましたけど、当然食べられなくて」と、生活のためだったという。

 また彼は、「派遣のバイトというのは都合がよかった」と、オーディションや撮影など、不規則な役者のスケジュールに適していたと回顧。また「背が大きめだったので、ステージの一番前のロープを張って守る列のリーダーみたいな、センターを任された」とも語った。

 そんな話を聞いていたHKT48指原莉乃は、「もしかしたら、私たちが立っているステージの下に未来のスターがいると思うと、コンサートもより楽しいですね」と、やる気をみなぎらせていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top